1. マーケティングの戦略を考える上で知っておきたい「ターゲット層」

マーケティングの戦略を考える上で知っておきたい「ターゲット層」

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 マーケティング戦略において、ターゲットを決める事で、コストを削減したり、より効果の高い施策を打つことが可能となります。ターゲットを絞ったマーケティングをすることが重要といえるでしょう。ここでは、ターゲット層の区分について説明していきます。 

 ターゲット層の区分 

 「F1層」や「M2層」という言葉を聞いたことのあるひともいるかもしれません。これは、マーケティングにおけるターゲット層の最もポピュラーな例といえるものです。まず最初のアルファベットで性別(Mなら男性、Fなら女性)を決め、その後年齢層をいくつに分けて段階的に層を作っています。これが、マーケティングにおけるターゲット層の代表的な例と言えるでしょう。 

ターゲット層だけでは絞り込みが不十分であることに注意

 ある程度ターゲットを絞れたとしても、直接売り上げ向上に繋がる可能性はあまりありません。しかし、このターゲット層を軸に、考え方を改善していく事で売り上げの向上につなげられる可能性は高くなります。顧客を深く理解するためには、「どのような顧客が」「どのような興味や関心を持ち」「どのようなサービスや製品を購入するのか」という部分も更に深く考えなくてはなりません。ターゲット層だけでなく様々な角度から顧客を絞り込んでいく必要があるのではないでしょうか。


 ここでは、マーケティングの基本的な用語としてターゲット層を紹介しました。ターゲット層を知ることで、ターゲティングの絞り込みがある程度まではできることになります。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する