1. ミスはもうしない!プロジェクトにおけるスケジュール立案と管理のポイント

ミスはもうしない!プロジェクトにおけるスケジュール立案と管理のポイント

by ruurmo
 プロジェクト管理とは、様々な情報や知識、経験を用いてプロジェクトを成功に導くための行為全体を指します。プロジェクトを成功させるために管理すべき項目は、大きくいうと「時間」と「コスト」の2つです。しかしそれらは複雑に絡み合っているために、プロジェクト管理が大切です。今回は、「スケジュール管理」において注意すべき点をお話します。

条件の確認

 スケジュールを立案する際はまず始めに、達成すべきゴール・完了の条件を明確にしなければなりません。その時に大切になることは具体的に細部にわたって定義することです。

 そして、計画実現のために必要なリソース(必要なスキルをもった人員、必要な設備・装置・道具・材料・予算)は確保されているか、あるいは調達可能なのかを明確にしなければなりません。そして「何が、どうだった場合」という条件付きであるならば、それらも明確にしプロジェクトメンバーやスポンサーと合意の上で、計画されなければなりません。

スケジュール立案

 スケジュールには、すべてのタスクをもれることなく明記しなければなりません。そしてひとつひとつのタスクは、これ以上細分化されないところまで落とし込むことが必要です。そして、そのタスクの所要時間なども予想もしくはシュミレーションしておきましょう。

スケジュールの管理とリスクマネジメント

 スケジュールの管理は計画段階でそれぞれのタスクは「いつ」「どういうタイミング」で「誰」が進捗確認し、「誰」に報告するかを具体的に明記しなければなりません。

 特に、計画の進捗に著しい影響を与える可能性のあるタスクは、計画段階から十分にシミュレーションしその進捗管理を確実に行わなければなりません。また、それらの重要なタスクに遅れやトラブルが発生した場合の対応策もできる限り事前に検討し、具体的に準備することでその影響を最小限に抑えるよう備えることが大切です。

結果の確認と計画のレビュー

 プロジェクトの遂行が期待通りにできているかどうかをプロジェクトの関係者できちんと評価し、その結果が認められてはじめて終了となります。

 最終的にプロジェクトの成果物が確認されたら、プロジェクト関係者により、結果についてのレビューを行うことが重要です。それらのレビューの結果(データ)の蓄積が次回以降のプロジェクト計画の精度向上、リスク対策、予算管理等に大いに役立ちプロジェクト管理体制の強化につながります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する