1. 時代はWeb2.0からWeb3.0へ!Webの進化によってもたらされたマーケティング手法の変化

時代はWeb2.0からWeb3.0へ!Webの進化によってもたらされたマーケティング手法の変化

by hageatama
 インターネットが登場してから、マーケティングの手法も急激な変化をしています。変化を正確に捉え、時代に適応していくことが、企業のマーケティングに求められることでしょう。ここでは、Webの変化に合わせて起こったマーケティング手法の変化を紹介していきたいと思います。

双方向の情報交換ができるようになったWeb2.0

 Webはもともと、新聞や本のように、受動的に見る人が情報を受け取るものでしたが、TwitterやFacebookのようなSNSの登場に合わせて、自発的に顧客が情報を発信できるように変化しました。この変化をWeb2.0と呼びます。マーケティングもこれに合わせ、顧客との対話を重視するものへと変化しました。

時代はWeb2.0からWeb3.0へ

 顧客と企業が双方向で情報のやりとりをするのがWeb2.0の特徴でしたが、時代はさらに進み、Web3.0の時代が到来しています。Web3.0は、Web2.0をさらに進化させたもので、情報そのものを共有できる機会が増加する変化を指します。この変化により、顧客と情報を交換するだけでなく、顧客に寄り添うような形でのサービスを提供することが、マーケティングの世界では求められています。サービスの質をさらに上げ、顧客を尊重するような施策を打ち出す必要があると言えるでしょう。


 ここでは、Web2.0からWeb3.0に変化していく中で起きたマーケティング手法の変化を紹介しました。時代の変化に合わせて柔軟に対応することがマーケティングでも求められています。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する