1. 簿記の資格を転職で活かすためのアピール方法

簿記の資格を転職で活かすためのアピール方法

by marfis75
 簿記の資格を転職で活かすためのアピール方法について紹介します。簿記の資格を活かせる職業は、経理職です。経理や事務職の転職に簿記の資格を保有していることで有利になることがあります。

 では、転職する時のアピール方法として効果的なのは、履歴書の応募動機や自己PRで転職理由や自己PRをアピールするポイントとして、簿記の資格を保有していることをアピールすることで、他の応募者よりも一歩リードするきっかけになります。

簿記の資格保有を履歴書でアピールする方法

 履歴書には様々な様式がありますが、パソコンで作成した履歴書よりは市販されている履歴書を手書きする方が好ましいです。パソコンで作成した履歴書は応募者の筆跡が分からず、文字一つで感じる人となりが分からないため、この時点で選考から外されることもあります。

 市販されている履歴書には応募動機の枠がありますので、そこに簿記資格保有のきっかけや転職動機を結び付ける内容を記載することが効果的なアピール方法です。選考する側も簿記の資格を活かして転職をされているということが一目で分かるため、簿記の資格、転職について質問しやすい状況を作るメリットもあります。

 応募者は簿記の資格を活かして転職したいという志望動機があるため、質問する機会に仕事内容について必ず質問しましょう。仕事内容についての質問から、話が広がることもありますので、経理職や事務職の仕事内容を必ず質問することで、転職についての本気度を印象付ける効果もあり、簿記の資格保有と転職への本気度で、選考が他の人よりも有利になる可能性は高いです。

簿記の資格保有を自己PRでアピールする方法

 履歴書は手書きすることが望ましいですが、自己PRについてはパソコンで作成しても問題ありません。職務経歴書の中に自己PR欄を設けて転職動機や自己紹介、熱意といったことを織り交ぜながら長文作成することに適しています。

 市販されている履歴書の志望動機欄では書き切れないという方や、自己PRを長文構成で考えている方にオススメです。自己PRで、簿記の資格保有に至った経緯から転職動機・職務経歴を詳細に記載することで、面接の話題作りのきっかけにもなります。

 自己PRは長文になる傾向があるので、手で書いていくと大変なため、パソコンで作成する方が手で書くより短時間で済み、またパソコンで作成することによって基本的なパソコンスキルが分かるため、仕事がどの程度できるかを印象付けるメリットもあります。簿記の資格保有と簿記の資格を転職に活かす機会を自己PRに織り交ぜることで、アピールの印象度がより強くなって、自己PRの構成も自由なことから簿記の資格保有を全面にアピールしたり、簿記の資格を活かせる仕事に転職したいことをアピールすることで、仕事への熱意を伝えられます。

 簿記の資格を保有していること、転職への強い熱意を伝えたい方はしっかりとアピールすることで、他の応募者よりも有利になる可能性は高いのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する