1. 周りを取り巻く実践事例からマーケティングの基本を学ぶための方法

周りを取り巻く実践事例からマーケティングの基本を学ぶための方法

by josemanuelerre
 マーケティング活動は、どの企業でもどの職種でも当然存在する仕事です。しかし、その手法というのは少し前と比べると格段に多様化しています。これは、現代だからこそ強く言える事でもあります。一体なぜでしょうか。それは、私たちを取り巻くインターネット環境が発達しマーケティング戦略が実践されるようになってきているからです。

日頃から戦略の基本を見る事が出来る

 普段気にも留めないで見ているサイトなどを見る時に、「この情報は誰に対して発信されているものなのだろうか」「どの様な意図を伝えたいのだろうか」「最終的にどんなアクションを起こしてもらう事を想定しているのだろうか」という事を気にしながら見てみてください。

 これらに気を付けてみると、実は色々な情報が載せられているサイトであってもどうしても伝えたい要点を絞る事が出来る事に気がつくはずです。つまり、この観点がマーケティング戦略の基本という事が出来ます。私たちは毎日マーケティング戦略が実践されているものに囲まれて生活している訳です。

気がついていないだけ

 日頃買い物に行くデパートやスーパーを思い出して下さい。お店を歩いていて衝動的にほしい商品と出会った経験はあるはずです。

 実はそれも、欲しいと思わせるパッケージや表示方法が工夫されており、マーケティング戦略が実践された結果なのです。という事は、これだけ周りを囲まれていれば、マーケティング戦略の成功例も失敗例も無意識的に理解しているはずなのです。それを意識的に見るようにして、実際に自分が行う時に活かすことが大切です。

情報収集は基本中の基本

 上記の様に、マーケティングの基本は要点が絞られます。この考え方を可能にしているのは、徹底した情報収集です。情報が無ければ何も戦略を練る事が出来ませんし、必要ない情報が沢山あっても意味がありません。

 まずは、収集する情報を絞り込む必要があります。その為には、最終的にどうなりたいかという事が明らかになっていなければなりません。その情報を基に会社が求めている価値観を重ねていく訳です。

最小限の力で最大限の効果を得る

 マーケティング戦略を実践する時に注意したい事は、沢山時間をかけて沢山人手を導入して、沢山予算を使えば良い物が出来あがるのは当たり前です。

 しかしこれではマーケティングの基本から外れてしまいます。マーケティングは最大限省略出来る事は省略しながら、最小限の時間・労力をもって、最大限の効果を得る事を前提に考えなければならないからです。これを押さえておけば、自分達が行っているマーケティング作業が、正しい道を進んでいるのか否かの指針になる事でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する