1. 議事録をメールで送付するときの文章で気をつけるべきこと

議事録をメールで送付するときの文章で気をつけるべきこと

by john47kent
 会議で議事録を作成する場合、メールで添付して欠席者に送付することもあると思います。ここでは、議事録をメールで送付するときの文章で気をつけたいことを紹介していきたいと思います。

どの会議なのかを明確に示す

 ビジネスでは、会議は頻繁に行われます。そのため、どの会議であるのかということを明確に示しておかないと、相手も判断できずに困惑してしまいます。日付や議題を示し、どの会議であるのかを示すことが出来る工夫をメールの本文中にしてしまいましょう。また、タイトルにどの会議が示すことも重要になるでしょう。

議事録の内容をメールにも記載しておく

 議事録の内容ですが、全文読むことは苦痛であったり、パッと内容だけ確認したい場合もあるでしょう。議事録の内容をメールにも記載し、重要な部分は、見ただけで確認できるような工夫も、本文中には求められるでしょう。しっかりと内容をまとめ、結論として決まったことを示すようにしておくと、相手も見やすいと感じます。


 ここでは、議事録をメールで送付するときの文章で気をつけるべきことを紹介しました。メールでは、相手を配慮した本文内容を心がけることが大切です。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する