1. 企画職の仕事をする上で必要な3つのスキル

企画職の仕事をする上で必要な3つのスキル

by Wootang01
 ビジネスにおける企画の役割とは、会社の新しい商品やサービスを考えることです。しっかりとしたスキルを持ち、新しい事業やプランを考えることで、会社の発展に貢献することが出来るでしょう。ここでは、企画職の仕事をする上で必要なスキルを紹介していきたいと思います。

1. 柔軟な発想をすることができる力

 新しいアイデアを思いつくことで新しい商品やサービスについて考えることができる発想力は企画職の方にとって必須のスキルと言ってもいいでしょう。発想力は、才能だと思われがちですが、訓練をすることで身につけることが出来ます。既存の考え方にとらわれない発想ができるようなスキルを企画職の方は身につけておきたいものです。

2. 提案して相手を納得させることができるスキル

 企画や発想がうまく考えられても、それを相手に提案することができなければ、実現することができません。プレゼンスキルや、資料の作成スキルを身につけ、相手をしっかりと納得させるような提案が出来る力も企画職の方は身につけておきたいスキルと言えるでしょう。

3. 検証能力

 思いついた企画が実行可能かを検証する能力も必要です。どんなに素晴らしいアイデアでも、その会社において実行可能でなければ意味がありません。アイデアを形にするときに実現可能であるのか調べ、実現するにはどのような形にすればいいのかデータを収集し分析することが企画職の仕事の中で求められるでしょう。


 ここでは、企画職の仕事をする人であれば身につけておきたい必要不可欠なスキルを紹介しました。発想力だけではなく、しっかりと実現まで持っていくことができるスキルも身につけることが必要です。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する