1. 組織を活性化させるために知っておくべき「3つのポイント」と「3つの確認」

組織を活性化させるために知っておくべき「3つのポイント」と「3つの確認」

by lumaxart
 組織の活性化というのは、ビジネスマンには大変耳なじみのある言葉でしょう。しかし、「ではどうすれば活性化できるのか?」と問われると、簡単にはその答えが出ない、漠然とした用語でもあると思います。ここでは、組織内のメンバーを活性化し、そのことによって組織そのものを成長させるために必要な3つのポイントと、3つの「確認事項」について説明していきます。漠然とした「組織の活性化」という言葉を、少しでも具体的にイメージするための参考にして下さい。

「組織の活性化」3つのポイント

 組織を活性化するために押さえておくべきポイントは以下の3点です。

1. 密度の高い相互コミュニケーション

 組織を生き生きとしたものにするためには、まず、構成メンバーの1人1人がお互いに、緻密なコミュニケーションを取る必要があります。よく「風通しの良い職場環境」といいますが、常に新たな風、たとえるなら、生物にとっての「酸素」が組織の体内に供給されなければなりません。その「酸素」を供給するのが、メンバー同士のコミュニケーションなのです。メンバー同士の相互理解がきちんとできていない組織では、活性化は図れないと言っていいでしょう。

2. 各構成メンバーに自律心と自立心を持たせ、成長を強く意識させる

 次に、メンバーのそれぞれが、組織人として自分を律し、しっかり自立すること。その上で、積極的・能動的に目標に向かって進むこと。つまり自らの成長を強く意図することが必要になります。成長するためにはチャレンジ精神も欠かせませんし、また個々の仕事の達成を実感し、それを喜びと感じることも大切になってきます。

3. 組織としての目的や目標、価値観などの共有

 前項を実現するためのベースになるのが、組織としての目的・目標などをすべてのメンバーが共有することです。そのために欠かせないのが「コミュニケーション」ということにもなります。

過去・現在・未来の3つの「確認」

 組織活性化のためには、「3つの確認」も必要になります。

1. 過去の仕事を振り返っての確認
2. 現在の仕事の状況の確認
3. 未来に設定されている目標や目的の確認

 これまでの仕事の「道程」を振り返ることによって、反省すべき点やこれから改善、改良すべきポイントが見えてきます。その上で現況をチェックすること。大切なのは自分の仕事だけの振り返りや現況チェックではないことです。メンバー同士がお互いの仕事についてその確認をすることで、組織自体が活性化していきます。いずれの確認でもポイントとなるのが、活発、密接なコミュニケーションであることは、言うまでもないでしょう。


 「組織の活性化」というと、抽象的な「組織」に目がいきがち。しかし、抽象概念としての組織は、1人1人の構成メンバーによって成り立っています。そして、メンバーは言うまでもなく具体的な存在。ですから、その具体的な存在と相互の関係を活性化することが、すなわち組織の活性化という結果に結びつくのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する