1. 「デジタル」と「アナログ」どっちが良いの?マーケティング戦略の策定に必要な情報を集める方法

「デジタル」と「アナログ」どっちが良いの?マーケティング戦略の策定に必要な情報を集める方法

by paul bica
 マーケティング調査をする上で、様々な情報を集めるにあたり、必要な情報を効率的に集める方法を取りたいと思っている人は多いはずです。しかしどのような方法を取ればよいのでしょうか。今回はマーケティング戦略を策定する上で必要になる情報収集の方法について紹介していきます。

1. 対象に合わせた情報収集の方法を取る

 まずマーケティング戦略を策定する上で必要になる情報収集の方法は、対象によって情報収集の方法を変えることです。例えばインターネットの調査については、使用できる人とそうでない人との差がありますので、利用できない人間を調査するときや、全体的にまんべんなく調査したいときには向いていないという可能性があります。

 また、質問者に対して時間的な制約などがあるときには、訪問調査、電話調査ではサンプルが集まりにくいことも考えられます。ですので、あらかじめ情報収集の際には、調査対象などしっかりと把握してどのような調査方法を行うのかを、臨機応変に使い分けたりする必要があります。 

2. 時間や予算の管理面における情報収集方法

 次に、2つ目の情報収集の方法としては予算や時間的な面を意識した方法が挙げられます。調査方法によっては、直接インタビューしたりして聞き出す方法などには、調査員を派遣するなど時間的、費用的な面でコストがかかるといった問題があります。

 有効な調査を行うために必要だったとしても、自社の予算や相手の時間が厳しいというときには使えない方法もあるでしょう。予算がないときは、より費用がかからない方法を選択するなど、時間や予算の管理面における情報収集の手段を考えておくべきです。

3. 情報収集をする際に付加価値を付ける

 3つ目の情報収集方法としては、情報を収集する際に何らかの付加価値を付けることがあります。例えば、情報収集に協力してくれれば、何か商品を抽選でプレゼントするなど、協力者に何らかの報酬的なものを付ければ、情報収集に協力してくれる人が増えてくれるかもしれません。

 そうすれば、必要な量の情報収集をするのが格段にやりやすくなるため、何らかの付加価値を付けることは、情報収集をしやすくなる手段であると言えます。

 以上が、マーケティング戦略を策定する上での情報収集の方法です。会社の現状に適した情報収集の方法を選択し、効果的なマーケティングを行っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する