1. ゴールデンウィーク中の休みの案内を出すときの注意点

ゴールデンウィーク中の休みの案内を出すときの注意点

by A Guy Taking Pictures
 年度が始まって最初の長期休みがゴールデンウィークです。しかし、会社全体がいつもと違った休みを取る場合は予め外部に向けて休業の連絡をしなければなりません。休業連絡の注意点を紹介します。

最低でも4月初めには告知を行う

 まずは休みの告知ですが、なるべく早めに出しておくのが得策でしょう。小売業などの消費者を対象にした仕事は店頭やHPで知らせれば問題ないですが、卸売業やエンジニアなど、他の会社と関わる仕事は取引先に連絡先を入れた方がいいこともあるでしょう。遅くても4月の前半から半ばころまでには告知が完了しているようにしましょう。

休みに伴った注意点、対処についても連絡

 卸売業などの場合は、「いつまでに納品を希望するのであれば、いつまでに発注をお願いします」ということも注意しておかなければなりません。エンジニアなどのシステム関係の仕事も、GW中に自社製品に何かトラブルが生じた場合にはどう対処するのか予め告知しておく必要があります。最低でも緊急時の連絡先だけは明らかにしておくべきです。休み中の対応の検討が必要な会社はどうするのか社内外できちんと確認しておきましょう。

 
 普段はあまりない長期休みだけに、ゴールデンウィーク中の対応は分からないことが多いです。年度も始まったばかりでばたばたしがちな時期ですが、しっかり連絡をして安心して休めるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する