1. わかりやすい内容の計画書を作るために気をつけたいこと

わかりやすい内容の計画書を作るために気をつけたいこと

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 事業や、プロジェクトの立ちあげのときに計画書を作ることがあると思いますが、相手に理解してもらえるような計画書を作成することが重要なのではないでしょうか。ここでは、わかりやすい内容の計画書を作成するために気をつけたいことを紹介したいと思います。

しっかりと裏付けを行う

 計画だけが明示された計画書では、何の根拠があって計画を立てているのかがよくわかりません。しっかりと裏付けを行い、理由が示されている計画書であれば、なぜこのような計画になったのかを示すことができるため、相手も納得してくれるのではないでしょうか。

細かく計画を立てる

 たとえば、「Aの作業を1ヶ月で行う」と書いてある場合があると思いますが、Aの作業は、細かく細分化することができるのではないでしょうか。建設的な計画を立て、相手に提示するときは、細かな計画の方が、相手も理解しやすくなり、また、計画通りに進んでいるのかを管理することも容易になるでしょう。  


 ここでは、わかりやすい内容の計画書を作成するために気をつけたいことを紹介しました。計画書では、しっかりと根拠を示し、細かな計画を提示してあげるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する