1. 会議で話す内容を相手に分かり易く説明する3つのコツ

会議で話す内容を相手に分かり易く説明する3つのコツ

by seier+seier
 会議で自分の意見を説明するときになんとなく相手に理解されていないと感じることも多いでしょう。話し方や説明の仕方に工夫することで、相手に伝わるように説明することができます。ここでは会議で説明するときに相手に伝わるように話すコツを紹介したいと思います。

1. 回りくどい言い方は避ける

 上手な言い回しをしようとしてしまうと、本来伝えたい事がぼやけてしまって、結局のところ何を言いたいのか解らなかったという場合があります。言い回しを工夫しようとした結果、話の結果や目的が話の中で明確にされていないのではないでしょうか。会議の場では上手な言葉で話す必要はなく、自分の考えを説明するために一番単純で明快な言葉を選ぶ必要があります。自分の伝えたい事が何か、何故そう考えたのかを、短い言葉で伝える様にしましょう。

2. 自分の伝えたい内容を強調する

 会議で自分の考えを説明する際、単調に話している人の意見を聞いた事がありますか?単調な話し方だと、相手もどこが伝えたいことなのかわかりません。伝えたい内容を強調する様な話し方をする事によって、この単調さを防ぐ事が出来ます。例えば、大切なキーワードを繰り返す、或いは声のトーンを変える、またはその言葉の前に短い休止をおいて皆の注目を集めておくと言った方法が考えられるので活用してみましょう。

3. 相手の納得できない点を把握する

 自分の説明を聞いてから、何かが納得できないという意見が出た場合、どんな事が納得できないのか、それは何故なのか、という要点を捉える様にしましょう。そうすることで、相手が何をどう考えて納得できないという結論に至ったのかが把握できます。把握出来たら、その内容に絞って返答をしていきましょう。納得できない点があって質問をされた場合、明確にその答えを返しておかなければ、納得してもらうのは余計に遠ざかっていきます。しっかりと相手の意見にきちんと耳を傾ける様にしましょう。


 ここでは、会議で話すときに相手に伝わるように説明するためのコツを紹介しました。話し方に工夫をすることで、ある程度わかりやすく説明をすることができるでしょう。会議で説明をする際はぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する