1. 面接において真剣な顔と笑顔を使い分けるための方法

面接において真剣な顔と笑顔を使い分けるための方法

緊張は当然のことと割り切る

 どうしても受かりたい、面接官に自分の意志をしっかり伝えたいと思うとつい緊張してしまいますね。個人差はありますが、自分の大切な場面に臨む時や失敗してはいけないという自分の思いが高まるあまり、うまくできるかという不安も入りまじって胸がドキドキしたり、落ち着けなかったりということがあります。

 しかしこれは人間の本能のようなもの、自律神経が関わってきますから当然のことなのです。しかし、そんな中でも最善の自分でいたいと誰もが思います。良い状態で面接を進めるため、ネガティブな状態を前向きに捉えましょう。

表情の変化で緊張を味方につける

 面接が始まると、あなたは面接官の目をしっかりと見て質問に耳を傾けることでしょう。そこでまずやっておきたいのが、肩の力を抜くためにさりげなく大きく息を吸って呼吸を整えることです。

 そうすることで体の中心がしっかりとすわり、面接官のことを自信を持ってまっすぐと見ることができます。呼吸を整えてからが勝負です。面接官に対して真摯な姿勢を魅せることで、その緊張感を自分の味方につけるのです。

真剣な表情で答えるべきこと、笑顔で答えるべきこと

 誠実な態度というのは、人は真剣だからこそ取る態度です。面接では緊張感を自分の味方につけ、表情を通して面接官に良い印象を与え、自分に惹きつけるためのアピールをする必要があります。

 そのためには、面接官に対して誠実に、質問の内容をしっかりと聞こう、正しく答えようという気持ちでいることが大切です。面接官の目をまっすぐに見ると、その真剣な表情からこの面接に対しての真摯な気持ちが伝わるでしょう。真剣な表情で答えるべきことは、その質問に対してしっかりと自分の意見や考えを話している最中です。それは面接官の質問をしっかり受け止めて、返している証となるでしょう。面接官の質問を受け止め、真剣な表情で返すことで、相手にその誠意が伝わるのです。

 とはいえ、面接では笑顔も必要です。なぜなら、面接はあなたの人間性も見ようとしている場面だからです。一生懸命になりすぎるあまり少しも笑わないで面接官との時間が過ぎれば、面接官は「余裕や人間の幅がない人か」と、人間性が狭いのではという印象を与えかねません。そんな時に必要なのが笑顔です。笑顔といっても、面接の場で必要なのは目に力が入ったキラキラと輝く笑顔です。そしてその笑顔になる時は、自分が希望に満ちているという内容を話す時なのです。積極的に挑みたいという内容を話す時には、目に力を入れてキラキラと輝く笑顔の表情を作るよう心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する