1. [基礎編]初心者が経営戦略を学ぶための入門書5選

[基礎編]初心者が経営戦略を学ぶための入門書5選

 経営戦略を考える際に、実際にどのように考えていけばいいのか分からない人は多いのではないでしょうか。勉強をしようと思って本を読んでも、あまりに分かりにくい本では途中で読み飽きてしまって挫折してしまうこともあるでしょう。

 そこで今回は、経営戦略について初めて学ぼうと思っている人におすすめの勉強がしやすい入門書をご紹介していきます。

経営戦略の基礎入門本

小さな会社の経営戦略 いちばん最初に読む本 六角明雄著 

 こちらは、図解も多く入っているので最初に経営戦略を学ぶ人にとっても分かりやすくなっているので、入門書としてはふさわしいものであると言えます。 タイトルの通り、小さな会社でこれから経営戦略を学んでいこうとしている人にとっては読みやすい本になっています。

日本で一番わかりやすい経営戦略の本 安田貴志著 

 この本は、基本となる戦略構想から、最新の経営戦略までわかりやすく解説している入門書です。自然農法の食材を使ったレストランの開業を題材にして、経営戦略の概説から分析、ランチェスター戦略、マーケティング戦略、イノベーション戦略などが分かりやすく解説されており、経営者視点に立って簡単に読めるようになっています。 

図解 あなたの会社の「経営戦略」がわかる本 西村克己著

 こちらも初学者がわかりやすいように図解でイメージを持たせながら学べるようになっている本です。様々な起業の成功事例や失敗事例なども載っており、それらの原因分析もしながら、自身の会社にあった戦略を考えていくためにはとても読み応えのある本だといえます。 

道をひらく 松下幸之助著 

 この本は直接経営戦略の説明をしている本ではありません。しかし経営戦略を考える前に経営者としての心構えや経営の心得など、偉大な経営者の哲学や思考を学ぶことができます。それを経営戦略に生かせるように臨んでほしいからこそ敢えてお勧めする本です。この本は、過去の経営戦略を比べながら、現役のコンサルタントの方が基本的な経営戦略や実践的なフレームワークなどをあてはめたりしながら、実務に必要な点を解説していくという本です。経営戦略の初学者だけではなく、実務ですでに行っている方にも非常に参考になる本であり、多くの方の参考になると思われます。 

経営戦略の基本 (株)日本総合研究所 経営戦略研究会著

 この本は過去と現在の経営戦略を比べながら、現役のコンサルタントの方が基本的な経営戦略や実践的なフレームワークなどをあてはめつつ実務に必要な点を解説していくという本です。経営戦略の初学者だけではなく、実務ですでに行っている方にも非常に参考になる本であり、多くの方の参考になると思われます。
  経営戦略と一言で言っても、どの側面から見るかによって勉強する分野も変わってきます。ここで紹介した本をはじめ、自分のニーズにあった本を選んで勉強をするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する