1. 面接で緊張しない為の表情と話し方のコツ

面接で緊張しない為の表情と話し方のコツ

 面接では誰しも緊張すると思います。緊張や動揺で自分の思いが伝えれなかったり、返答に詰まってしまわないように事前に練習しておきましょう。練習や面接本番では、これから紹介するコツに気をつけると落ち着いて話す事が出来、企業への印象は大きく変わります。ぜひ試してみてください。

表情に気をつける

 面接では常に笑顔に気をつけましょう。緊張してしまうと表情が硬くなります。緊張や動揺を伝えない為にも笑顔を絶やさないようにしましょう。口角を上げ、鏡で練習してみてください。表情は相手に好印象を与える為に必須です。表情が柔らかくなると心に余裕が生まれ、緊張せずに面接に臨めるでしょう。

話し方に気をつける

 面接の時に声の大きさと話す速度に気をつけましょう。腹筋に力をいれ、大きな声ではっきりと返答し速度はゆっくりとしたスピードを心がけます。ニュース番組を見てアナウンサーのマネをすると理想的な速度で話す練習が出来ます。ゆっくり話す事で緊張がほぐれ、大きい声だと面接官にも返答が聞き取りやすいので好印象です。練習の時から意識しておくと本番でも緊張しないでしょう。

 最後に面接の直前には深呼吸をしてから面接会場に入りましょう。深呼吸をする事で自律神経のうち副交感神経の働きが強くなりリラックスした状態で面接に挑めます。ゆっくりと深く息を吸い込んで心を落ち着かせましょう。自分の人生を決める大事な瞬間である面接は誰でも緊張するものです。自分の思いが伝えられるように上記のコツを意識しリラックスして面接に挑みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する