1. 会社から帰宅する時に上司に報告・確認すべき内容

会社から帰宅する時に上司に報告・確認すべき内容


 仕事では上司に対して自分の現状を適宜報告しなければなりません。それは仕事を終えて帰宅する時も言えることです。「終業時間がきたからさっさと帰ろう」という考えを持ちながら、仕事をしていては上司と良好な人間関係は築きにくいでしょう。ここでは、帰宅する時に上司に報告・確認すべき内容を紹介していきたいと思います。

今日一日の進捗状況

 まず帰宅する前に必ず、今日一日の仕事の進捗状況は報告しなければなりません。任されている仕事がどれくらい進んだのか、仕事を進めていく上で何か問題点などがあったかなど細かく説明します。

 そして、今後の進め方に関して擦り合わせを行えばスムーズに業務をこなしていくことができるでしょう。もし、上司が外出でいない場合は翌日の朝一番に報告するかメールで一報連絡を入れるべきです。

翌日のスケジュールについて

 進捗を報告し終えたら、翌日のスケジュールを報告し、何をすべきかを整理しましょう。自分では把握していたつもりでも、いざ報告してみたら抜け落ちているポイントが多々あったりします。きちんと報告することで、翌日スムーズに仕事に取りかかることができるでしょう。

 また、翌日会議などの予定が入っている場合は必要な書類や資料も確認しておきます。これを確認しておけば、資料不足で怒られることもなくなるでしょう。

 
 以上、帰宅する時に上司に報告・確認すべき内容を紹介してきました。終業時間がきたらすぐに帰ろうとするのではなく、社会人として最低限の報告・確認を行ってから帰宅するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する