1. 面接の志望動機で企業とマッチした答え方をするコツ

面接の志望動機で企業とマッチした答え方をするコツ

by Dick Thomas Johnson
 面接でなかなかできないことが自分の思っている志望動機をうまく相手に伝えることではないでしょうか。考えていても言葉にすると出にくいものであったりします。ここでは、印象に非常に影響する志望動機に対してどのように答えるべきかのコツを紹介してみたいと思います。

企業が大事にしている理念や思想に賛同する

 志望動機を答える場合のコツの一つとして、企業が大事にしている精神的なものを、自分も同じように大事だと考えているということを相手にうまく伝えるということが挙げられます。思想や理念は、企業によって千差万別で、いろいろなバリエーションがあり、会社の特徴を一言で表している文章であると思います。共感しているということを盛り込むとうまく志望動機が言えるのではないでしょうか。

企業が得意としている技術やコア技術に賛同する

 技術的な強みや得意分野など、長い時間をかけて築きあげたその会社の強みが現れているものに対して、共感を示すことができると、良い志望動機になります。自らもその開発メンバーに入って同じように、その技術をベースにして新しい製品の開発に携わりたいというような表現が、好感を得られやすいでしょう。特に、競合他社が持たない差別的な技術や自信を持っていると思われる技術などに関しては、協調して志望動機中で触れた方が良いと思います。



 ここでは、面接の志望動機で他の志望者と差をつけるためのコツを紹介しました。相手の強みや、理念に共感することで、相手の企業を自分がマッチしているということを示す良い志望動機ができますので、皆さんも、是非参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する