1. 面接の自己紹介でコミュニケーション能力をアピールするための方法

面接の自己紹介でコミュニケーション能力をアピールするための方法

by ravalli1
 コミュニケーション能力を持っている人は転職活動を有利に進められるということが近年よく言われています。コミュニケーション能力をアピールできる場としては、面接の自己紹介があげられます。ここではどのような自己紹介を行えばコミュニケーション能力をアピールできるのかを説明します。

言葉だけがコミュニケーションではない

 コミュニケーション能力は、話をうまくする能力のことであると考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、コミュニケーション能力が指すのは、話す能力だけではありません。その人の話をする仕草、雰囲気、テンションや表情からもコミュニケーション能力というのは測られています。

 コミュニケーション能力には様々な要素が存在しますが、なかでも特に注意を払わなければいけないものがあります。それは笑顔です。笑顔は場の雰囲気を柔らかいものにし、相手との距離を縮めて親近感を持たせることができ、親しみやすいという印象を与えることができます。笑顔を心がけることで、コミュニケーションを円滑にする準備を整えることができるのです。

結論を1番最初に持ってくる

 質問された内容の答えを話の最後に持ってきてしまう人がいますが、これはコミュニケーション能力という観点で見るとマイナス要素です。コミュニケーション能力を持っていることを示したいのなら、相手に内容を分かりやすく伝える必要があります。

 分かりやすく伝えることは答えを最初に言うとうまくいきます。面接官の人に自己紹介をしてくださいと言われたとしましょう。それに答えるときは、「私は人助けに生き甲斐を感じる人間です。なぜなら~だからです」といった具合です。結論が終わりにある文章は伝わりにくいです。コミュニケーション能力がある人だなという印象を面接官に与えるためにも、質問された内容の答えはまず最初に言うように心がけましょう。



 ここでは、面接でコミュニケーション能力をアピールする方法を紹介しました。コミュニケーションといっても話を上手く取り繕うことが求められているのではありません。表情や、話の順序からもしっかりコミュニケーションができるということをアピールできますので、実践してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する