1. 面接で緊張のあまり早口になってしまう人が実践すべき対策

面接で緊張のあまり早口になってしまう人が実践すべき対策


 面接で緊張をしてしまい早口になってしまう人は多いのではないでしょうか。その理由は緊張ではなく、本人の認識不足が原因でもあるのです。ここでは、自分のことを客観的に見れないあまり、早口になってしまう人への対策を紹介していこうと思います。

面接で自分を客観的に見る方法

 面接で緊張しないようにするには自分を客観的に見る必要があります。自分を客観的に見れないことが緊張を招き、自然と早口になってしまうのです。自分を客観的に見る方法の一つとして挙げられるのが、人に見てもらうのということです。面接官は特別な人間ではなく、自分自身の周りの人と変わらないため、見てもらう相手は誰でも良いでしょう。ただし本気で取り組むことが大切です。

 また、自分自身の姿を撮影するのも良い方法です。たいていの人は自分の姿を見るのを嫌がりますが、自分の姿を客観的に見ることで自分の嫌なところや、弱点がよく分かるようになります。そして自分の理想と現実がどれほどかけ離れているのかを冷静に確認し、自分が面接官でも聞き取りやすい口調で話せるまで何度でもやり直しましょう。

早口にならないための練習方法

 早口になるのは緊張して冷静さを欠いていることも原因ではありますが、身体的な原因もあります。早口の人は口があまり動いていません。しかし、普段から練習をすることで本番でも緊張をせずに取り組みことが出来ます。まずは口をきちんと開けてお腹からハキハキとしゃべることから始めましょう。出来れば人とよく話す環境に身を置くことが1番簡単ですが、毎日では大変なので3日に1回など決めて取り組むのもいいでしょう。

 面接において適度な緊張は良い効果を与えるかもしれませんが、過度な緊張から早口になってしまっては自分が伝えたいことを伝えられずに面接が終わってしまいます。そういった状況に陥らないためにも、ここで紹介した方法を実践してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する