1. プレゼンのセリフを暗記するための3つのステップ

プレゼンのセリフを暗記するための3つのステップ


 プレゼンテーションが完成したら、発表用に数々のセリフを暗記せねばなりません。でも忙しいビジネスマンの皆さんにとっては暗記のために多くの時間を割けるわけではありません。隙間時間に出来る、プレゼンのためのセリフ暗記の方法をご紹介します。

STEP1:自分なりの虫食い原稿を作る

 プレゼンテーションをスムーズに行うために、みなさん原稿を書かれるかと思います。一通りの原稿が書き終わったら、完成!と思っても、ちょっと待って下さい!PCはそのままで、もう1つの原稿を作りましょう。それは暗記用の虫食い原稿です!
 
 「そして」や「を」「が」などのつなぎのことばや「しましょう」「です」は残し、言わないといけないセリフなどを重点的に消していきます。現代文のテストのような、虫食い原稿が出来上がります!これと完成版があれば、いつでも、どこでも、セリフを暗記する時間が割けるようになります。

STEP2:読んで、書いて、を繰り返す

 次に手と口と虫食い原稿を使って暗記していく作業に入ります。まずは完成原稿を一通り、声に出し読みましょう。次に虫食い原稿のセリフの空欄を、覚えている限り書いて埋めていきます。分からなければ空けておいて構いません。最後まで書けたら、次は完成原稿で答え合わせを。間違っていたところ、抜けているところは赤色のペンで正しいセリフを書いていきます。最後に全てのセリフ欄が埋まったところ、それを声に出して読みましょう。
 
 これを赤ペンの修正がなくなるまで続けるのです。大体5回もすれば、あなたの頭の中にセリフが暗記出来ていることでしょう。あえて赤ペンが入った原稿を読むのは、きちんと覚えていない部分を認識するため。意識的に「その部分のセリフを暗記しなければ!」と、脳が働くのです。
 
 もちろん移動中や昼食中には書いたりする作業は出来ませんから、そういう時は赤修正が入った原稿を読むようにするといいでしょう。

STEP3:人にチェックしながら聞いてもらう

 さあ、虫食い原稿の赤修正がなくなったら最終段階!家族でも、恋人でも、友達でも、構いません。相手に原稿を渡し、あなたは何も見ずにプレゼンのリハーサルを行いましょう。間違ったらセリフがあれば、マーカーを引いてもらうようにするのをオススメします。それを何回か繰り返せば、もうプレゼンのセリフをしっかり暗記出来ていることでしょう。
 
 さあ、虫食い原稿の赤修正がなくなったら最終段階!家族でも、恋人でも、友達でも、構いません。相手に原稿を渡し、あなたは何も見ずにプレゼンのリハーサルを行いましょう。間違ったらセリフがあれば、マーカーを引いてもらうようにするのをオススメします。それを何回か繰り返せば、もうプレゼンのセリフをしっかり暗記出来ていることでしょう。


 
 3ステップを紹介しましたが、一番大切なことは集中力かもしれません。集中して暗記に取り組めば、すぐに頭の中にインプットされるはず!早ければ3時間もかからないうちに暗記することも出来るかも!?是非お試しください!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する