1. 【心のこもった文章に!】手書きで履歴書を書く時のコツ

【心のこもった文章に!】手書きで履歴書を書く時のコツ

by Tezzca

手書きだと好印象を感じる人も多い

 よく議論になる履歴書は手書きがよいか、パソコンの書類でもいいのかという問題ですが、パソコンで打った履歴書よりも、手書きで書いた履歴書の方が良い印象を受ける人も多いようです。やはり、字を見ることで性格がわかるという意見も多く、履歴書を手書きにすることにはメリットがあると言えそうです。

手書きの履歴書の書き方

走り書きのような字では書かない

 走り書きのように見える乱雑な字や、崩して書いてある字は印象を落とす原因になります。いつも書いている字よりも、とめ・はね・はらいに注意し、正しい文字を書くことを意識しましょう。急いで書かないためにも、時間にゆとりを持って事前に記入を組ませておくようにするべきです。

字のバランスを考える

 手書きの履歴書作成では、字の大きさやバランスを考えて書くことが求められます。バランスを考え、相手にとって見やすい文字のサイズや行間を考えて書くようにしましょう。そのためには、先に文章を書き起こしてどれ位のスペースが必要なのかを見ておくようにするといいのではないでしょうか。

誤字に気をつける

 誤字をしてしまうのも手描きならではのミスです。誤字をしてしまった場合は修正ペンや修正液で直すのではなく、新しい履歴書を用意するようにしましょう。また、履歴書が本番分の一枚しか無い場合は、事前に下書きや書く文章を用意しておき、それを慎重に写すことで対応する必要があります。



 ここでは、手書きで履歴書を書くときのコツを紹介しました。手書きで書くと、心のこもった文章になりますが、その反面雑に書くのであれば印象はダウンしてしまいます。手書きで書く時は丁寧に書くことを心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する