1. 葬式で気をつけるべき服装マナー【靴編】

葬式で気をつけるべき服装マナー【靴編】

by Rodrigo_Soldon
 葬儀をはじめ、冠婚葬祭のさまざまなシーンにおける服装には決まりがあります。特に葬式の場では、きちんとした服装マナーが求められます。常識のない格好だと思われると故人には非常に失礼です。そして服装マナーとは、スーツやワイシャツだけでなく靴も含まれています。よく見えるところだけきちんとすれば良いわけではなく、靴にも配慮しなければ失礼にあたります。では、どのような靴を履けば良いのでしょうか。

男性の場合

 靴の色、靴下の色共に 黒色にしましょう。スーツもネクタイも黒でいる中、靴だけ違う色だと目立ってしまいます。葬式の場では非常に不適切です。靴下も見えないからといって違う色の靴下を履かないようにしましょう。靴は、光沢のない黒を選び、金具などがついているものは避けましょう。

女性の場合

 女性も男性同様、 黒色の靴を履きましょう。基本的にはパンプスを履き、サンダルやミュールなどつま先が出るものは不適切です。夏であっても露出が多いものは失礼です。暑くても生足は避け、黒ストッキングを履くようにしましょう。パンプスもなるべく合成皮革の靴にしましょう。
 

 葬式は、必要以上に服装に注意しなければなりません。靴は細かい部分かもしれませんが、場にふさわしい靴を履いていれば常識ない人だとは思われません。知らなかったからという言い訳は通用しないのでしっかり覚えておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する