1. 書類を書く際に必要不可欠な「名前」の書き方

書類を書く際に必要不可欠な「名前」の書き方

 仕事のシーンでは、書類において名前を書く場合が多数あります。ここでは、様々なシーンにおける名前の書き方について紹介していきたいと思います。

一般的な社外書類の名前の書き方

 ビジネス書類を制作する場合には、左上部分に相手方の名前を示すことが重要です。例えば社外文書である場合は、右側に日付を記入した後に相手先の方の名前を記入します。記入の際には、「株式会社名・役職・名前・様」の順に示します。この時、「株式会社名」と「役職・名前・様」は2段にして書くのがよいでしょう。一段にすると読みづらくなり、また、見た目のバランスも悪くなってしまうからです。 

 その下段には、自分達である差出人の名前や住所と連絡先を示します。書く順番は「株式会社名・役職名・名前・連絡先」の順が相応しいでしょう。また、この際も複数行に分けて書くのが適切とされます。一般的には、「株式会社名」「役職名・名前」「連絡先」のように段分けします。右側に分かりやすくまとめて表示するのがよいでしょう。

社内文書における名前の書き方

 社内書類である場合には、文書をもう少し簡略化して柔らかい形で書くことが可能です。まず、社外文書と同じように右上には日付を記します。この時、必要であれば管理の為の記号や番号を表示するのも良いでしょう。

 次に、左上の宛名欄には相手の名前を記入します。その際には「○○部長」などを簡単に記すだけで良く、「株式会社」などの言葉は必要有りません。宛名欄の下には、右側に詰めて「自分の所属・役職・氏名」を書き入れます。そして「件名・本文・記・以上」と続けていきます。また、場合によっては「以上」の文字の下にも自分の役職と名前を付け加える場合もあるようです。ですが、基本的には「以上」の文字で終わらすことがよいでしょう。 

宛名の記載方法

 社外書類である場合には、封筒の宛名にも名前を記載しなければなりません。封筒に宛名を書く場合には、まず表面に大きな字ではっきりと右側に住所を書き記します。

 次に、中央部分に会社名や相手の名前などを加えます。この際、名前まで記入する場合には最後に「様」を加えます。株式会社名までの場合には「御中」を、役職名までの場合には「殿」を加えます。しかし「課長」などで終わらす場合にはその時点ですでに敬称が含まれているため、何も付けないことが正しいとされます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する