1. keynoteで背景を設定する方法!デフォルトのテーマからお気に入りの写真まで!

keynoteで背景を設定する方法!デフォルトのテーマからお気に入りの写真まで!


 真っ白な背景のスライドを使う方をよく見かけますが、白を背景として用いる場合、レイアウトが洗礼されてなければ手抜きのスライドのように見えてしまいます。そこで、スライド作りの初心者が必ず行いたいのがスライドの背景の設定。ここではkeynoteで背景を設定する方法を紹介します。

「テーマ」設定でデフォルトの背景を使う

 プレゼンテーションの「テーマの変更」のタブからkeynoteに入っている背景テーマが使用できます。背景は無地のものから写真まで様々な種類が使用可能です。スライドの明確なイメージが出来上がっていない人はまずはテーマを参考にしてはいかがでしょうか。そのままでも使いやすい背景がたくさんあります。

手持ちの写真データを背景にする

 テンプレではなく、自分が持っている写真や画像を背景にする方法です。「インスペクタ」のメニューから「スライド」、「アピアランス」を選択します。そこに「背景」の設定があるので「イメージ塗りつぶし」を選ぶと挿入するファイルが決定できます。画像のサイズがあっていない場合は「領域に合わせる」を操作すれば手持ちの設定完了です。

最後に必ず全体のバランスを確認する

 背景を設定したからといって満足してはいけません。スライドで大切なのはいかに「内容が伝わりやすいか」です。もしも自分で設定した背景が、本文や掲載する写真を見づらくしている場合は、その背景を見直す必要がありますので注意しましょう。


 背景の設定はスライド作りの一番初めにやるとよいでしょう。プレゼンのイメージの要となるスライドの背景。しっかり考えてプレゼンの完成度を高めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する