1. 出張先から自分の職場に連絡するときのマナー

出張先から自分の職場に連絡するときのマナー

by t-mizo

1日1回は電話で連絡をとること

 出張中のマナーとして1日1回は自分の職場と連絡をとるというものがあります。これは、特に報告や特記事項がない場合でも連絡する必要があります。また、連絡するために日頃から業務内容をメモにとっておくようにする必要があるでしょう。また、連絡をこまめにしなくても良いと言われている場合ですが、集に1度は連絡を取るようにしましょう。

帰社後も報告の連絡を忘れずに

 帰社後はまず、電話で無事帰社したことを連絡し、早い段階で上司に報告を行いましょう。このときの報告では、出張での会議や業務での成果を中心に報告し、また、このときに、出張の経費の精算も行うようにするのがマナーです。



 ここでは、出張時に職場に連絡するときのマナーを紹介しました。出張中でも職場とは連携をとり、意思疎通を図ることがマナーであり、重要な事です。ここで紹介したことを出張時に活かしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する