1. 会食で気を付けたい、食事で円卓に座る時のマナー

会食で気を付けたい、食事で円卓に座る時のマナー

円卓での席次

 円卓の席次ですが、席次の原則通り、出入口から遠い席が上座になり、出入口に近い席が下座となります。また、幹事がいる場合ですが、その場合ば1番下座に座り、注文を行うようにして下さい。また、席に座る際ですが、目上の人が来るまでは座ってはいけません。最初に目上の人が来たら、役職順に座るようにしましょう。

円卓で食事をするときに気を付けたいマナー

ビールの瓶など、倒れやすいものは置かない

 回転して利用するため、倒れやすいものを円卓の回転する部分に置くと事故の原因となります。倒れやすいものは回転しない部分に置くようにしましょう。

料理が運ばれてきたとき

 通常、円卓で食べる料理は大皿に盛られて来ますが、取り分ける際は、役職の高い人から順に取り分けるのがマナーです。取り分ける時は立ち上がってはいけません。座った状態で小皿に盛り付け、円卓を時計回りに回して受け取ってもらうようにしましょう。


 ここでは、会食で気を付けたい、食事で円卓に座る時のマナーを紹介しました。円卓は少し特殊なケースですが、きっちりマナーを守って食事会の雰囲気を壊さないように気をつけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する