1. 成績が伸び悩んでいる営業マンにおくる、営業のプロセスを改善する方法

成績が伸び悩んでいる営業マンにおくる、営業のプロセスを改善する方法


 皆様の中で、どうにかしてでも自身の営業成績を改善したいと考えている方々がいらっしゃると思います。いざ自身の成績を見直して改善をしようと思ってもなかなか上手くはいかないものです。やっぱり上手くはいかないと途中で挫折してしまったり、そもそも考えてでも始めない方々までいらっしゃいます。上手くいかない方々は改善するためのプロセスを組み立てていなかったり、構成がおかしい方々が目立ちます。そこでどのようにして改善プロセスを構成していけばよいのか。

身近な所から改善するプロセスを構築する

 多くの方々がすぐにでもトップの方を営業成績で抜きたいと考えはするものの、そんな簡単に抜けましたら誰も苦労はしません。そのためすぐに挫折してしまうのです。そこでまずは身近にいる方を抜かすような改善プロセスを構築していきましょう。例えば私の次に成績が良い方やその上等、成績が近い人たちを視野に入れてどうすればその方々を抜けるようになるのかを考えていきましょう。仕事量を単純に上げてみるのがよいのか、それとも訪問件数をもっと上げればよいのかと言う方法がすぐにでも浮かんできます。その方々を抜けるようになりましたら次の方へと言うようにプロセスを構築していきましょう。

 ただし、先にも述べましたが次に成績が良い方を抜かして調子に乗り、頂点の人を目指すような目標はまだ持つようにはしないでください。目標を高く持つのは良いですが、貴方は未だそのレベルには到達できていません。そのため、まずは身近な人達を抜かしていってから考慮するようにしましょう。

自身の仕事を効率化させるプロセスを構築する

 目標に置く方が決まりましたら今度は自分の仕事を効率化させるにはどうすれば良いのかを考えるようにしましょう。できるのであれば効率化を図るために、最新の機材を自分へ導入した方が効率化が図れます。理由として、仕事場だけでなく例えば休憩時間帯にも仕事が出来るようになったり、隙間時間を見つけては作業を行えるからです。すると以前であれば期日ぎりぎりなっていた仕事が、最新の機材を導入することによって期日以前に提出できたり、それを営業活動のアイテムに使用することによりお客様にも興味を示していただけることがあります。

 では、どのようなものを導入するべきか。少々高価ですが、タブレット端末とモバイルルーターを導入すると良いでしょう。そうすれば、インターネット回線が無い所でもモバイルルーターを利用することにより簡単な調べ物ができましたり、お客様へすぐメールを出すことができます。またタブレット端末を利用することによって外でも資料を作成したり訂正することができます。そのためできるのであれば導入してみましょう。


 最後に、営業成績を改善するためには段階を踏んだプロセス作りが肝心になってきます。すぐにでもできるようなことは殆どございませんので、地道に努力を繰り返して営業成績を向上させていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する