1. 会話を弾ませる!初対面の人と飲み会で良い関係を築く方法

会話を弾ませる!初対面の人と飲み会で良い関係を築く方法


 飲み会とは相手と良好な関係を築くための場所です。しかし、もしかりに相手の人が初対面だった場合には、改まってしまい、中々コミュニケーションを取りにくいという方もいらっしゃるのではないかと思います。飲み会でも初対面の方と良好な関係を築くためには、どのような対応を取ればいいのかお教えいたします。

まずはアイコンタクトからはじめる

 初対面の相手を目の前にした場合、中々話しかけるのに勇気がいるかと思います。その場合には、まずアイコンタクトから初めてみてはいかがでしょうか。ぱっとみて目があったらにっこりと笑いかけ、そこから会話を初めてみるなど、目を合わせることで初めての相手にも気軽に話しかけることができるようになります。

相手と会話を弾ます方法

 相手との会話を弾ます方法は多数あります。その一つとして、基本的なものには、お互いの共通の話題を選んで話すことが挙げられます。例えば、共通の友人に関する話題、その人との関係性、お互いの出身地や、どのような仕事をしているのか、などが挙げられます。また、できるだけ話題としてはネガティブなものは避けましょう。ネガティブな話題は、誰しも嫌う傾向があるため、いきなり暗い話しをしてくるような相手とは、誰しも関わろうとは思いません。

 また、自分の話が退屈だと感じた場合には、すぐに次の話題に移る事も必要です。退屈な話を続けると、相手も話すネタに困り、中々コミュニケーションを弾ませることができません。他にも、自分の話ばかりするのではなく、相手の話をしっかりと聞くことも重要です。相手の話を聞く事で、自分も相手のことを理解することができますし、一方的な会話は会話とは言えません。あまりに話しすぎると、相手も引いてしまう可能性もあるため、適度に相手の話を聞くことが重要です。また、相手の興味のありそうな事柄がわかったら、そのことについて知っている知識を提供することが絆を深めるコツになります。

 知識を提供することで、相手との関係も親密になり、相手ももっとその事について話すことが考えられます。折角の飲み会ですので、お酒の話題や食べている食事についての話題も取り入れたいです。ですが、絶え間なく話していると、お互いに疲れてしまうため、ほどよいタイミングで休憩するために、会話のアクセントを加えることもお勧めです。例え相手が初対面の人であっても、自信をもって、いつも通りに話をすることで、相手と円滑にコミュニケーションが取れる場合もあります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する