1. 会社関連で食事に行く時に気を付けたい会計のマナー

会社関連で食事に行く時に気を付けたい会計のマナー

会社内で食事に行くときの会計

上司におごってもらうとは限らない

 会社の食事の席では、上司や役職が上の人が奢るのがマナーであるというのあ誤りです。会社の人と食事に行くときは、上司におごってもらうという意識ではなく、自分も会計を出すという気持ちや姿勢で行くようにしましょう。

おごってもらうときも一度断るのがマナー

 おごってもらう時も「自分も出します」という形で、一度断るのがマナーとされています。また会計の際ですが、自分も出す場合でもまずは役職の高い人に出してもらい、会計後に上司にお金を渡すと、顔を立てられて、マナーとしては上祐者と言えるのではないでしょうか。

取引先と食事に行くとき

 取引先と食事に行くときの会計ですが、相手の役職がいかなる時でも、まずは、「私がここは出します」と言うのがマナーです。特に、相手がクライアントである場合は、先に会計をする旨を言うようにしましょう。また、会計をする際は経費でなくても領収書を書いてもらうようにすると良いです。



 ここでは、会社関連で食事に行くときの会計のマナーを紹介しました。会計は食事の最後の部分でもあるので、マナーをしっかりと守り、楽しい食事を会社でもできるような心がけをしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する