1. 転職するならこの職業!これからの時代求められる職業と取得すべき3つの資格

転職するならこの職業!これからの時代求められる職業と取得すべき3つの資格

 終身雇用制度が崩壊しかけている今の時代、一つの企業にずっと勤め続けるというのは難しくなってきました。誰もが転職を考えることだろうと思います。ただ、転職を考えているけれどもどういった職業に就けばいいのか分からないといった方のために、転職を考えた際に今後伸びてきそうな職業と取得しておくべき資格を紹介したいと思います。

社会保険労務士

 高齢化や年金問題など、様々な問題を抱えている日本の現代社会の中で、大きな注目を集めている資格が「社会保険労務士」です。この社会保険労務士は、労働問題や年金問題、社会保険の専門家として、これからの時代に必要不可欠な存在になっていきます。

 現在社会保険労務士は約35,000人いると言われていますが、1人の社会保険労務士が約43の企業と1,500人の労働者をサポートしている状況にあります。つまり、社会保険労務士自体の需要は非常に高いのです。社会保険労務士の仕事は大きく分けて、3種類あります。

“「手続き代行業務」
健康保険、雇用保険、厚生年金保険などの各種社会保険に関する書類作成や手続き代行をします。

「書類作成業務」
賃金台帳や就業規則などの作成を行います。

「コンサルタント業務 」
人事や退職金・年金に関する相談、社員教育、労務管理に関するコンサルタント業務を行います。”

 ※注意点として「手続き代行業務」と「書類作成業務」は“独占業務”のため、資格を持っている人でなければ行うことはできません。

<出典:企業からのニーズ大!取っておきたい注目の資格・社会保険労務士>

2012年11月1日 ... 社会保険労務士は労働問題や年金問題、社会保険などの専門家:企業からのニーズも 高く、求められている資格として大注目の社労士について紹介していますので、どんな 職業なのかを知り、資格を取得して転職を目指している人はチェックし ...

ケアマネージャー

 高齢化が、どんどん進んでいる日本。65歳以上の高齢者の割合が全人口の21%を超える「超高齢社会」になるのは、時間の問題だと言われています。そのような状況のなか、福祉関連の仕事の需要は、ますます高まってきています。その中でもオススメなのが「ケアマネージャー」です。

 その理由は、現在300万を超えるといわれるニーズに対して慢性的な人材不足の状態が続いているからです。介護・福祉・保健分野への転職に、最もに有利な資格と言われているのです。

 ケアマネージャーは「介護支援専門員」とも言われ、介護を必要とする人と、福祉・医療・保健のサービスとを結ぶ重要な役割を果たします。要介護者が増えるにつれて、ケアマネージャーの需要も高まっています。この資格を取得すると、ケアプランの作成やサービスの調整、モニタリングなどができるようになっていきます。受験資格は下記の通りになっています。

・規定の国家資格等を持っていて、なおかつ通算で5年以上の実務経験がある者
・ 国家資格はないけれど、相談援助業務や介護業務に就き、通算5年または10年以上の実務経験がある者

2012年10月31日 ... 福祉関連の資格を取得すると、転職やキャリアアップに有利:このページでは人気の 福祉系資格3つを厳選しているので、需要の高い福祉分野で働きたいと思っていたり、 すでにそういう職に就いていてより仕事の幅を広げたいと考えている人 ...

衛生管理者

 会社の職場環境をチェックし、労働災害を防ぐための健康診断を行うなど、総務面で企業を支えるのが衛生管理者。50人以上の社員数の企業においてニーズが常に発生することから、景気に左右されないので取っておいて損のない資格といえます。また、厚生労働省のが認定する資格で、合格率が50~60%と国家資格の中では難易度が低いのも魅力の1つになっています。

 実際にまだまだ選任をできていない会社も多く、今後も需要が多く見込まれる点は、かなりのアドバンテージではなるのではないでしょうか。



 これからの時代、このような職業のように需要の多いものはたくさんある。そういった職業にも目を向けた上で資格を取得したり、転職をしてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード