1. 「スーツに寿命がある」って知ってた? スーツの寿命を劇的に延ばすコツとは

「スーツに寿命がある」って知ってた? スーツの寿命を劇的に延ばすコツとは

出典:www.fashionbeans.com
 社会人、主にサラリーマンやOLの方が毎日のように着るであろう“スーツ”。スーツは、毎日着ていてもそこまで悪くなることがなく、クリーニングに出していればいつまでも使える気がしてしまう。そんなスーツにも、実は寿命が存在する。今回は、その「スーツの寿命」についてみていこう。

スーツの寿命ってどのくらいなの?

 スーツの寿命は、夏物では3年、冬物では4年と見られている。しかし、これはあくまでも「そのようにおおよそ決められている」だけであるので、使い方や着方によっても変わってくるだろう。ちなみに、服がよれてきて使えなくなってくるのは、5年から10年くらいである。また、回数でいえば、240回くらいが目安ともいわれている。

スーツの寿命を延ばすコツって?

出典:www.rajasfashions.com
 スーツは高価なものであるので、できるだけ同じスーツを着ていたいものである。その際重要なのは、スーツの着方である。もちろん、雑に着たり、雑にしまっていればスーツは痛んでしまい、寿命は短くなってしまう。ここに気をつけるのは当たり前のことであるので、ほかのコツについてみてく。

スーツの寿命を延ばすコツ#1:着まわす

 一番大切なことは、この“着まわす”ということであろう。同じスーツを毎日着ていては、痛みやすさが増してしまう。この際に、3着ほどで着まわすのが適当である。スーツは高価なものなので、3着買うことに抵抗がある人は少なくないと思うが、1つのスーツの寿命が延びるので、総合的に見れば節約につながる。ぜひとも3着ほど買っていただきたい。

スーツの寿命を延ばすコツ#2:保管

 スーツは、着ていなくても寿命が縮んでしまうこともある。それは、空気による酸化や空気中の水分、ダニによるものなどが原因である。これを防ぐためには、防虫剤や除湿剤を置いたり、スーツ同士が密集しないように置くなどだ。こうすることで、ダニの発生を防ぐことができ、水分を取ることもできる。

 さらに、ジャケットとズボンを分けて保管することも大切である。ジャケット用、ズボン用のハンガーが存在するので、これを使うことをお勧めする。また、こまめにブラッシングを行うことも寿命を減らさないコツである。ブラッシングを行うことで、洗濯やクリーニングに出す回数が減るので、その際に受けることであろうダメージを減らすことができるのである。特にクリーニングは、かなりのダメージを受けるので注意したい。

スーツの寿命を延ばすコツ#3:着方

 雑に着ないことは当たり前であるが、着てからの行動なども大切である。というのも、スーツは伸縮性に優れている服ではないので、スーツを着たまま激しく動いてしまうと、かなりのダメージをスーツは受けてしまうのである。

スーツが寿命を迎えたときのサインとは?

出典:www.countryroad.com.au
 スーツが寿命を迎えたとき、そのサインはいくつかの場所に見られる。

ジャケット

 ジャケットの背中にしわが見られるようになる。特に、背中の肩甲骨付近についてしまったり、腰のところについてしまったりする。自分で着るぶんには気にならないので気づきにくいが、傍からみるとよく分かってしまうので注意したい。

 自分で着ていて一番気がつきやすいのが、この裾であろう。具体的には、裾がよれてしまうのである。裾がよれてしまうと、きちっと決めるはずのスーツであるのに、そのびしっと感が失われてしまうので、逆効果になってしまいもったいない。

ズボン

 ズボンにおいては、特にひざの後ろについてしまうしわが問題である。デスクワークをしている人がこのようなしわがつく可能性が高くなる。スーツが寿命を迎え始めると、このしわが消えにくくなるということがある。


 以上、スーツの寿命について紹介してきた。このようにスーツには寿命があるので、それを理解したうえで着ていただきたい。いつまでも長く着れることが、一番の節約になることは間違いない。ぜひとも寿命を短くしないための努力をして欲しい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する