1. 前向きに捉える意識!クレームを上司に報連相で伝える方法

前向きに捉える意識!クレームを上司に報連相で伝える方法

by PhoTones_TAKUMA
 顧客や取引先からクレームを受ける機会はありますよね。ここでは、クレームを受けた際にそのクレームをどう捉え上司にどのように報連相すべきかについて述べていきます。

クレームを肯定的に捉える

 顧客からのクレームは、率直な意見を表しています。クレームを受けた時にそれをそのままにしておいたら、ただのクレームで終わってしまいます。そのクレームに対してどのようにするか、どのように今後に生かしていくか吟味することが今後の企業の将来を左右すると言っても過言ではありません。

クレームを受けた時の報連相

 では、クレームを受けてそれを上司や会社に伝えなければならない時はどうしたら良いのでしょうか。

 自社の作った製品のクレームであればその原因を調査し、それを文書にまとめて報告する必要があります。接客態度に対するクレーム出会った場合はその内容を隠すことなく報告しましょう。そしてそれに関連する部署や人に連絡する必要がある場合は連絡も忘れずにしましょう。

 そして最後に、そのクレームを今後出すことのないように上司やメーカーに相談してよりよいものやサービスを提供できるようにしましょう。


 クレームを受けて良い気分になる人はいません。しかし、それは参考にすべき意見であって、企業の向上のために重要な財産です。上記のことを念頭におき、適切な対処を行い次回に繋げていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する