1. 出張時にスーツを見栄え良くマナーを守った状態で持ち運ぶ方法

出張時にスーツを見栄え良くマナーを守った状態で持ち運ぶ方法

by zenjiro
 出張をする際には、どうしてもスーツにしわができてしまう恐れがあります。スーツにしわがあるままで仕事に行くのは見栄えが悪く、マナーが良くないと思われます。 しわをつけないために手にスーツが入った袋を持ったまま移動するのも不恰好ですし、荷物がかさばりますので不便も多いです。 
 
 そこで、なるべくしわがつかず、荷物をコンパクトにして、荷物が持ち運べるようアドバイスを提示したいと思います。

スーツの畳み方

 まずは、カバンなどに入れる際に、スーツにしわが付きにくいたたみ方をすることをしましょう。乱雑なたたみ方でしわが入ってしまうのはいけませんし、そのようなやり方をほかの方が見ているかもしれませんので、そのような姿を見られることはあなたのマナーがイメージを悪くいたします。 
 
 ですので、正しいたたみ方をすればしわがつくのを防止することができますし、印象をよくするので覚えておきましょう。まず、スーツの裏地と表地を裏返しにして、表面が裏地になるようにしましょう。 この時に袖は裏返さないでジャケットの中にまっすぐしまいます。 次に、背中の縫い目に沿って半分に畳んだ後に、もう一度半分に折りたたんでしまえば、もう完了です。 後はカバンなどの中にスーツを入れるということになります。 

カバンの中に入れる際の固定の仕方

 次に、正しい折りたたみ方ができていたとしても、乱雑な入れ方をすることや、移動しているときに荷物が動いてしまえば、スーツにしわができる恐れがあります。それを防ぐためにはできる限り、出来る限りカバンの中でスーツが動かない、動いてもしわが付きにくいようにする方法が必要になります。 
 
 例えば、スーツが入った袋に柔らかいタオルを入れるといった柔らかいものをスーツがずれないようにつめて、袋をなるべくパンパンになるようにいれることによって、荷物が動いたとしてもしわができにくくなります。 

 また、出来る限りカバンの中身をなるべくつめておくことによって、移動時にカバンの中身が動かないようにすれば服のしわが付きにくいでしょう。スーツを固定できるベルトなどもあれば、服が動くのを防止できますので、それも利用してみるとよいでしょう。 



 これで、スーツの運び方も万全であると思われます。スーツをもって移動する際には利用し、マナーのいいビジネスマンになることを目指してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する