HOMEインタビュー 留学が価値観も人生も変えた フランス在住の起業家・梶谷双葉さんが「好き」を仕事にするまで【インタビュー後編】

留学が価値観も人生も変えた フランス在住の起業家・梶谷双葉さんが「好き」を仕事にするまで【インタビュー後編】

西岡 愛

2024/06/25(最終更新日:2024/06/25)


このエントリーをはてなブックマークに追加

留学エージェント「France et moi」代表・梶谷双葉さん

フランス専門の留学支援サービス「France et moi(フランス・エ・モワ」を運営する梶谷双葉さんは、自分の「好き」を仕事につなげた起業家です。

人生の転機になったのは、定年まで働くつもりだったという保険業界を辞めて行ったフランス留学。この国に魅了された彼女は、今後もフランスに関わる仕事がしたい、留学を志す人たちの力になりたいと自ら会社を立ち上げました。

「自分のキャリアはこのままで良いのか」と就職後に思い悩む若者は多いですが、梶谷さんはどのように留学を決断し、起業するに至ったのか。その軌跡を聞きました。(全2回中2回目)

前編「条件の良い会社を辞めてまで留学した理由 フランス在住の起業家・梶谷双葉さんが「好き」を仕事にするまで【インタビュー前編】

現地での生活スタート:語学向上の感動

――念願のフランス留学がスタートしたわけですが、フランスは首都パリをはじめ魅力的な街がいっぱいです。留学先の地域はどのように選んだのですか?

留学先はパリから南西に特急列車で1時間ほどにある「トゥール」という街にしました。語学学校は、あえてパリじゃないところに行きたいと考えていました。ワーキングホリデービザで仕事を探す時には、いずれパリに行くと想定していたので、留学ではパリとは違った地方都市での生活を体験したいと思ったためです。
トゥールは、かつてはフランスの首都だった歴史ある場所で、発音もきれいだという点も決め手でした。

トゥールの語学学校に通っていた頃の様子

――実際のフランス生活はいかがでしたか?

最初の半年間は、語学学校に通っていました。私は挨拶と簡単な自己紹介ができる程度で現地へ行ってしまったので、最初の1カ月間は、授業でも日常生活でも飛び交う言葉が全然分からなくて毎日必死でした。

でも、私は割とコミュニケーションが好きなタイプなので、フランス語が何を言っているか分からなくても、表情で怒っているなとかそういう感じで最初はコミュニケーションを取っていました。

あとは、目で見るより耳で覚えることができるタイプなので、授業で聞くことをインプットして実際に使っていきました。2~3カ月経つと、みんなの言っていることが段々わかるようになって友達やホストファミリーとのコミュニケーションが増えて楽しくなりました。

最初は1番下のA1レベルからスタートして、半年が過ぎる頃にはランクが3つ上のB2クラスに進んでいました。自分のフランス語が段々と伸びているのがわかるのが本当に楽しくて、フランスでも生活ができているという手応えを感じました。

留学の1カ月目くらいはやっぱり収入が止まった不安や、このまま貯金を切り崩していく不安が1番強かったけれど、その後はもう「使い切ろうかな」って思い始めていました。

残り半年間は、通っていた語学学校の手伝いをしながら学んだフランス語を使って、フランス各地さまざまな場所を旅して過ごしました。

トゥールに留学中の梶谷さん

フランス留学をして気付いた本当にやりたいこと

――その後、日本に帰国してからどのようにして起業に至るのでしょうか?

帰国の日が近づくにつれてこれからどうしようかと思い、日本の転職サイトに登録して、フランスに関わる仕事を探していました。たとえば、フランスのブランドの販売員や輸出入に関する事務などはありましたが、惹かれる仕事があまりありませんでした。

そして、ある日気付いたんです。また就職してしまったら、好きな時にフランスへ行けないなと。これからもフランスと日本を行き来する生活をしたいならば、自分で仕事を作っていくしかないなと思いました。

そんな時に思い浮かんだのが、語学学校で仕事を手伝った経験でした。私の周りには、語学留学だけではなくて、パティシエやパン、フラワーなど専門留学をしている人が多くいました。周りの皆が目標を持って国家資格を受けたりフランス人と働いたりしている姿を見てきて、すごいなと思っていました。

私は語学だけだったけど、もっと多くの人がフランスで自分の夢を叶えるための留学を実現してほしい、そのサポートがしたいという思いが浮かびました。

それが決まると、すぐさま留学エージェント設立の準備を進めていき「France et moi」を立ち上げました。「フランスと私」という意味で、1人ひとりの留学のストーリーを紡ぐ手伝いがしたいという思いで名付けました。

何よりフランス留学って圧倒的に私の人生を変えたんですよね。好きという感覚に従ってフランス留学を決断した結果、仕事の内容も働き方も生活も本当に変わりました。留学をする人って日本にいるだけでは経験できないことを絶対に1つは持ち帰ってきて、それが何かしら価値観や人生を変えるので、そのサポートができるのが嬉しいです。

提携校の先生たちと

自分が選んだことを全部正解にしていく

――思い付いたら実現する行動力が素晴らしいです。ついつい決断するのを先延ばしにしてしまう人も多いですが、どうしたらよいでしょうか?

やらない理由を見つける前に、やる方向に1歩でも動いてみることが大切だと感じます。私の場合は、フランスに行ってみて心地が良くて、ここに住みたいと思ったら、じゃあどうしたら実現できるか、とにかく具体的に調べました。

調べていくと、現実的にこれは無理だとか、ここまでしてだったらいいやと諦めがつきますよね。本当にやりたいことを実現できそうな具体的なところまで見つけて、それをやるのか、諦めるのか。この状態までくるとあとはもう決めるだけだから、やらない方がリスクなんです。

やらないと一生後悔する気がしていて。決めたことに対して間違ってたとは思わないですね。

決めたことは、いくらでも正解にでも不正解にもできますよね。私も留学をして、本音を言えばもっと語学力を伸ばしたかったとも思うけど、それができなかったから不正解なのかというとそうではなくて、その次に自分が得たものを絶対に生かすって決めることが大事です。

自分が選んだことを全部正解にしていく気持ちでいることが大切だと思います。

――今後やっていきたいことは?

これからもフランス留学をサポートしていくのはもちろんですが、今起業に興味がある人が増えていると感じています。

私が大学生の時は就職するしか選択肢を知りませんでしたが、起業という選択肢があることを伝えたり、実際に起業したいとなった時にどういう風にやっていくのかというのをサポートしたりするような事業を計画しているところです。

インタビュイープロフィール

France et moi代表 梶谷双葉さん 

株式会社エパヌイール代表取締役。保険会社グループのシステム会社に入社し、エンジニアとして損害保険の契約システムを担当。8年間務めた会社を退職し、ワーキングホリデービザを利用しフランスへ語学留学。2018年フランス専門留学エージェント「France et moi」を開業。NPO留学協会認定・海外留学アドバイザーの資格を取得。2022年に法人化し、株式会社エパヌイールを設立。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード