HOMEメンズファッション "あとどれぐらいで退勤時間?"が一目でわかる!24時間で針が一周する「24H Watch【ANDRÉ】」登場

"あとどれぐらいで退勤時間?"が一目でわかる!24時間で針が一周する「24H Watch【ANDRÉ】」登場

北崎早希

2022/05/19(最終更新日:2022/05/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

12時間表示の時計が一般化する中で、24時間刻みで時間を確認したいと思う人もいるのでは?「あとどれぐらいで退勤時間なのか」「今は一日の中でどの位置なのか」が明確にわかると、仕事の計画も立てやすくなるかもしれません。

Shop MakiMakiは、24時間で針が一周するフランス生まれの時計「24H Watch【ANDRÉ】」をクラウドファンディングサイト・CAMPFIREにて先行販売しています。

時間を24時間で刻む「24H Watch【ANDRÉ】」

「24H Watch【ANDRÉ】」は、フランスメイドにして、スイスの技術を結集した24時間表示の腕時計。

「過ぎた時間」と「残りの時間」が一目でわかり、1日全体の流れを掴むことができます。時間の捉え方が変わることで、仕事の効率化や休日の充実感などにも良い変化がありそうです。

日々の効率性・充実度がアップする機能性

スタイリッシュな見た目でシーンレスなデザインも魅力のひとつ。日々の効率性・充実度を上げることはもちろんのこと、もともとはパイロットや宇宙飛行士など昼夜の区別なく働く職種に向けて作られたものなので、、昼夜逆転の生活を送る人にも最適な時計です。

コンパスとしての役割も持っており、マルチなシーンで活躍するのもポイントです。

1日の全体の流れを一目で確認したいビジネスパーソンにおすすめ

今回登場した時計は、「過ぎた時間」と「残りの時間」を一目で確認できるので、24時間の流れが把握しやすくなっています。昼夜の区別なく働く人や、1日の全体の流れを認識しながら過ごしたいビジネスパーソンににおすすめです。

4種のダイヤルと3種のベルトを自由に組み合わせ可能。好みやシーンに合わせてカスタマイズすることができますよ。

「24H Watch【ANDRÉ】」は、CAMPFIREの特別価格で販売中。機能性・デザイン性が高く、自分にあった時計を探している人は、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。商品の詳細は、同社プレスリリースをご確認ください。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード