HOMEメンズファッション "ほんの少し細身"がおしゃれ!久留米絣ブランドから、渋くてカッコいい「ナロータイ」新登場

"ほんの少し細身"がおしゃれ!久留米絣ブランドから、渋くてカッコいい「ナロータイ」新登場

さえきそうすけ

2022/01/12(最終更新日:2022/01/12)


このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍において、依然カジュアルな格好でリモートワークを続けている若手ビジネスパーソンも多いでしょう。一方、徐々に以前のようにフォーマルなビジネススタイルを求められるシーンも増えてきました。

「カジュアルでもフォーマルでも通用するネクタイってないのかな」「多様なビジネスシーンで使えるネクタイを探している」という人もいるのでは。

ディサント株式会社は1月7日(金)より、オフィスカジュアルのスタイルにもコーディネイトしやすく、また、スーツ着用時にも違和感のない、ほんの少し細身のネクタイ「ナロータイ」を発売しています。

オフィスカジュアルにもスーツにも違和感のない、少し細身のネクタイ「ナロータイ」

「福岡県筑後地方の伝統工芸品である久留米絣を楽しむ」をコンセプトに、現代生活にあった久留米絣の商品を企画する「Kimonissimo(キモニッシモ)」プロジェクトを展開している同社。

現代の日本人もイタリア人も使いやすい商品を企画し、この度、久留米絣のネクタイ「KimonoTie」シリーズにおいて、オフィスカジュアルのスタイルにも、スーツ着用時にも違和感のない、ほんの少し細身のネクタイ「ナロータイ」を発売しました。

「ナロータイ」の特徴は、久留米絣で古くから受け継がれてきた伝統的なパターンのほか、様々な風合いの違いを楽しめる無地やストライプなどの柄が、周りとは一味違うスタイルにコーディネイトしてくれます。

深みのあるカラシ色に仕上がった無地の雲絣や、太さや色の異なる糸で風合いを出した無地の絣、太宰治をはじめ多くの文筆家が愛用していた文人絣など、独特の趣のあるデザインと風合いが魅力的です。 

オフィスカジュアルからフォーマルなスーツ姿まで、幅広いビジネスシーンで活躍してくれるでしょう。

余り布をマスクや小物として再利用。サステナブルな商品企画目指す

日本伝統の着物文化では、ほどいて仕立て直すことを前提とした仕立や、染め直し、刺子、継ぎはぎなど、衣服を大切に使うための知恵が受け継がれてたといいます。

しかし、生地を斜めに切り取らなければならないネクタイは、布の大部分がハギレとして生じてしまうとか。そこで同ブランドでは、余り布を破棄せず、マスクや小物、商品ケースやラッピングなどの材料として利用しているのだそう。

SDGsや環境問題への意識が高い若手ビジネスパーソンも、サステナブルな商品企画を実践する同ブランドの製品であれば納得できるでしょう。

公式ホームページにて、6600円(税込)から販売している同製品。詳細についてはプレスリリースをご覧ください。

出典元:Kimonissimo

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード