HOMEビジネス Googleスプレッドシートの保存方法|デスクトップ・画像・グラフ・USBなどの保存方法を紹介

Googleスプレッドシートの保存方法|デスクトップ・画像・グラフ・USBなどの保存方法を紹介

U-NOTE編集部

2022/01/12(最終更新日:2022/01/12)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleスプレッドシートの保存方法がわからず困っている人もいるのではないでしょうか。

本記事では、Googleスプレッドシートの保存方法や、デスクトップ・USBなどに保存する方法を紹介。ファイルをPDFやExcelで保存する方法や保存できないときの対処法も紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

本記事の内容をざっくり説明
  • Googleスプレッドシートを保存するときのファイル名の変更・別名で保存する方法
  • Googleスプレッドシートにある画像やグラフを保存する方法
  • GoogleスプレッドシートのファイルをPDFやExcelで保存する方法

Googleスプレッドシートは自動で保存が行われている

「Googleスプレッドシートの保存方法がわからない」と、保存できているか不安になっている人もいるのではないでしょうか。

実は、Googleスプレッドシートは自動で保存が行われています。

エクセルは自動保存の設定をしても1分ごとにしか保存が行われませんが、Googleスプレッドシートは変更があれば即座に保存してくれます。

残念ながら自動保存を解除する方法はありません。保存をしたくなかったときには不便かもしれませんが、ユーザーにとって保存をし忘れる心配がないのは嬉しいのではないでしょうか。

Googleスプレッドシートをデスクトップに保存する方法

Googleスプレッドシートをデスクトップに保存する方法はとても簡単です。

まずは、ツールバーからファイルをクリックし、ダウンロードを選択します。

「▶」に展開されるファイル形式の中から、自分の好きなファイルを選択しましょう。

保存が正常に行われると、画面左下に保存したファイルが確認できます。

ドラッグすることで、デスクトップに保存したファイルを保存することも可能です。

基本的には「ダウンロード」部分に保存されていることが確認できます。

Googleスプレッドシートを保存したときの保存場所

そもそもGoogleスプレッドシートが、どこに保存されているかわからない人もいるのではないでしょうか。

基本的にGoogleスプレッドシートは、「Googleドライブ」に保存されています。Googleドライブは、以下のような方法で開くことが可能です。

STEP1.GoogleのTOPページから点でできた正方形をクリックする

まずは、Googleを開いたときのTOPページの右上に表示される、点でできた正方形のマークをクリックしましょう。

STEP2.ドライブをクリックする

次に、Googleドライブを選択します。

STEP3.マイドライブから目的のスプレッドシートを探す

マイドライブの中から、目的のシートを探しましょう。

よく使うシートはスターを付けておくと、ドライブの左にある「スター付き」部分から探しやすくなります。スターはファイル名の右側の☆マークをクリックすることで選択可能です。

Googleスプレッドシートを保存するときのファイル名の変更・別名で保存する方法

Googleスプレッドシートを保存するときのファイル名の変更をする方法がわからない人もいるのではないでしょうか。

以下では、ファイル名の変更を保存する方法をご紹介します。

右上にある赤枠で囲まれた名前が書かれた場所をクリックします。

クリックすると、カーソルが出てくるので名前を変えましょう。

また、カーソルがうまく出てこなかった場合は「ファイル」>「名前を変更」をクリックしましょう。

変更したファイル名は自動で保存されます。

Googleスプレッドシートにある画像やグラフを保存する方法

上記の画像のように挿入した画像やグラフを保存したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

エクセルは簡単保存できますが、Googleスプレッドシートでは少し手順を踏まないと画像やグラフを保存することはできません。

以下では、Googleスプレッドシートの保存方法をご紹介します。

STEP1.HTMLファイルで保存する

まずは「ファイル」>「ダウンロード」>「ウェブページ」を選択して、「HTMLファイルで保存」をします。

STEP2.ZIPファイルで保存されることを確認する

HTMLファイルで保存を選択すると、ZIPファイルで保存されることを確認できます。

STEP3.ファイルを開く

保存したファイルを選択し、HTMLファイルを開きましょう。

STEP4.HTMLファイルの画像を確認

HTMLファイルに必要な画像がアップされていることを確認しましょう。

STEP5.画像を保存する

画像の上で左クリックをすると、名前をつけて画像を保存や画像アドレスをコピーなどの画面が出てきます。

STEP6.画像が保存されていることを確認

最後に必要な画像が保存されていることを確認しましょう。

GoogleスプレッドシートのファイルをPDFやExcelで保存する方法

すでにご紹介しましたが、GoogleスプレッドシートのファイルをPDFやExcelで保存する方法についてもう一度丁寧にご紹介します。

まずは、PDFファイルで保存する方法をご紹介します。「ファイル」>「ダウンロード」> 「PDF」をクリックしましょう。

PDFファイルで保存するとファイルの最後に「.pdf」とつくので、PDFファイルで保存できたことが確認できます。

次にエクセルファイルで保存する方法をご紹介します。「ファイル」>「ダウンロード」>「Microsoft Excel」をクリックしましょう。

エクセルファイルで保存すると、ファイルの最後に「.xlsx」とつきます。

USBにGoogleスプレッドシートの内容を保存する方法

Googleスプレッドシートの内容をファイルで保存すると、USBに保存する方法は簡単です。

まずは、USBを使用しているパソコンに刺します。

USBに保存したファイルを保存します。保存したファイルをドラッグして、USBのマークの上に載せます。

USBにファイルが保存されていることを確認しましょう。

Googleスプレッドシートが保存できないときに確認する3つのポイント

Googleスプレッドシートがなぜか保存できないこともあるのではないでしょうか。

以下では、Googleスプレッドシートが保存できないときに確認する3つのポイントをご紹介します。

ポイント1.インターネットに繋がっているか

Googleスプレッドシートが保存できないときに確認する1つ目のポイントは、インターネットに繋がっているか確かめることです。

Googleスプレッドシートは、インターネットにつながっていないと保存できません。

使用しているパソコンがインターネットに繋がっているかどうか、Wi-Fiはつながっているかどうかチェックしましょう。

ポイント2.データが大きすぎないか

Googleスプレッドシートが保存できないときに確認する2つ目のポイントは、データが大きすぎないか確認することです。

保存するデータが大きすぎる場合はデータを保存できないこともあります。

データが大きすぎる場合は、シートや内容を小分けにして保存して見る方法を試してみてはいかがでしょうか。

ポイント3.アプリの場合はアップデートをしているか

Googleスプレッドシートが保存できないときに確認する3つ目のポイントは、アプリの場合はアップデートをしているか確認することです。

アプリをアップデートしていないと、正常に保存ができない可能性があります。

アップデートができるかどうかは、「App Store」「Google Play」を確認してみましょう。

Googleスプレッドシートがオフライン状態でも保存されるようにする方法

オンライン状態つまりネットワークが繋がった状態では、自動的に保存されます。しかし、ネットワークが途切れているオフライン状態では保存が行われません。

「ファイル」>「オフラインで使用可能にする」を選択することで、オフライン状態でGoogleスプレッドシートを変更した後ネットワークに繋ぐと自動で保存されるようになります。

オフライン状態でGoogleスプレッドシートを使用する場合は、事前に上記の画像のような設定をしておくと便利ですね。

Googleスプレッドシートの保存方法をマスターしよう

本記事のまとめ
  • Googleスプレッドシートは自動で保存が行われている
  • Googleスプレッドシートにある画像やグラフはPDF保存を行う必要がある
  • ファイル→ダウンロードから好きなファイル形式を選択して保存できる

本記事ではGoogleスプレッドシートの保存方法について詳しくご紹介しました。

Googleスプレッドシートを初めて使用する人は、画像の保存方法やUSB・ファイルの保存方法などの作業を難しく感じるでしょう。

一つひとつの動作は簡単なので、本記事を参考に保存方法をマスターしてみてはいかがでしょうか。


hatenaはてブ