HOMEメンズファッション もう"どのカードだっけ…"と焦らない!開くとカードが自立する「スタンドアップウォレット/ブリード」登場

もう"どのカードだっけ…"と焦らない!開くとカードが自立する「スタンドアップウォレット/ブリード」登場

北崎早希

2021/12/10(最終更新日:2021/12/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

容量の多いお財布と使用していると、どこにどのカードを収納したのか、わからなくなってしまうことはありませんか?

アルチザンファクトリーのブランド「STUDIUM/ストゥディウム」は、ガバっとひらいてカードが立つ!スリムコンパクト長財布「スタンドアップウォレット/ブリード」の応援購入をクラウドファンディングサイト・Makuakeにて受け付けています。スムーズなお会計ができるおすすめウォレットの登場です。

飛び出す絵本のようにパカっと広がる

ホックを開けると、飛び出す絵本のようにパカっと広がるウォレット。一瞬でどこにどのカードにあるのかがわかる設計で、カードが独立して立ち並んで収納されています。

それぞれのスロットには、最大2枚ずつ収納可能。カードポケットは8つあり、16枚までカードを持ち歩くことができます。キャッシュレス化が進み、カード類をよく使用するという人にぴったりですね。

持ちやすく使いやすいコンパクトサイズ

お札サイズギリギリのコンパクトな財布を使用していると、お札が出しづらかったりファスナーにお札が挟まったりというトラブルも少なくありません。

こちらのウォレットは、そういった小さなトラブルを回避し、ストレスなく支払いができるサイズ感を保ちながら、極限までコンパクトを目指したアイテム。ズボンの後ろポケットはもちろんのこと、ミニバッグにもしっかり収まるサイズ感です。スマホと変わらない大きさなので、持ち歩くのも便利ですね。

携帯性抜群なのに大容量なウォレット

同製品の最大容量は、お札が約30枚、通帳1冊(通帳を入れなければ、お札は50枚ほど)、小銭が約20枚、カードが約23枚(カードポケット以外にも収納可能)となっています。

さらにレシートが約10枚、鍵も2本収納することができ、Air Tag等忘れ物防止タグもしっかり収まります。

大容量でありながらもスリムな設計なので、ジャケットの内ポケットなどにも収納ができます。光沢感のあるアンティークな仕上がりのスタイリッシュなデザインなので、ビジネスシーンにもぴったりですね。

風合いのあるアンティーク調のレザーを使用したカラーは、全部で4色です。コンパクトさと大容量さの両方を財布に求めるという人は、この機会に手に取ってみてはいかがでしょうか。商品の詳細は、同社プレスリリースをご確認下さい。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード