HOMEメンズファッション サブウォレットにぴったり!メンズ雑貨のセレクトショップ「COLLECTORS」別注モデル発売中

サブウォレットにぴったり!メンズ雑貨のセレクトショップ「COLLECTORS」別注モデル発売中

北崎早希

2021/11/17(最終更新日:2021/11/17)


このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシュレス化が進む今、メインの財布以外に電子マネーやクレジットカードを入れておくサブウォレットを持ち歩く人が増えていますよね。またメインの財布をコンパクトなものに移行している人もいるのでは?

メンズ雑貨のセレクトショップ「COLLECTORS」は、レザーブランド「WILDSWANS」に別注した革財布などの新アイテムを発売中。

使うごとに味わいが増すサスティナブルウォレット

「COLLECTORS」のウォレットは、「上質な素材選び」と「劣化を未然に防ぐデザイン」を兼ね揃えたサスティナブルなアイテム。エイジングを重ねることで、時とともに変化が楽しめる逸品です。

今回は、”10年後、20年後も使い続けられるような物作り”を実践しているレザーブランド「WILDSWANS」に別注をかけ、定番の「ENO」「TONGUE」そして新たに「CASA」を加えた3つのモデルが登場しました。

こだわりの素材を使用し、品の良いアイテムに

3モデルとも、外装・内装それぞれにこだわりの素材を使用し、品の良いアイテムに仕上がっています。

ENO(イーノ)

WILDSWANSの代表的なウォレット。ショートフラップ付きの二つ折りタイプのアイテムであり、ベーシックでどんな服装やシーンにも合うので、使いやすいのが特徴。

カラーは2色展開。開くと、中央にカード段が2段、そしてカード室が4室あります。価格は7万3150円(税込)。

TONGUE(タング)

コンパクトなウォレット。コインケースやパスケース、ミニウォレットなど、用途に合わせて使用できるマルチなケースです。ビジネス用の名刺入れなどに使用するのもおすすめですよ。

内装は、真ん中に仕切パーツを付属しているので、カードやコインを分けて収納することが可能。また、紙幣も折りたためば収納できますので、キャッシュレス生活の人も万が一のために紙幣を入れておける便利なウォレットです。価格は2万9700円(税込)。

CASA(カーサ)

今年8月に加わった新モデル。ボタン留め付きの二つ折りのミニウォレットです。財布として最低限の機能を求める人にぴったりで、機能性にも優れたアイテム。キャッシュレス化が進む今の時代に寄り添った商品と言えるでしょう。

内装は、コンパクトでありながらも紙幣、コイン、カードを分けて収納することができます。高品質な肉厚レザー使って上品さを出しながら、持ち歩きやすいコンパクトさを兼ね揃えたこだわりのアイテムです。価格は4万4000円(税込)。

ビジネスシーンでも浮かないサブウォレットを探している人は、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。商品の詳細は、同社プレスリリースでご確認ください。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード