HOMEメンズファッション サステナブルなだけじゃない!デザイン・機能にもこだわった「SPINGLE MOVE SPM-467」発売へ

サステナブルなだけじゃない!デザイン・機能にもこだわった「SPINGLE MOVE SPM-467」発売へ

白井恵里子

2021/10/09(最終更新日:2021/10/09)


このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は環境を配慮した工程でつくられたファッションアイテムをよく目にするようになりました。しかし「環境配慮は忘れたくないけれど、デザイン性や機能性も妥協したくない」といったこだわりを持つ人も多いのではないでしょうか。

株式会社スピングルカンパニーは10月20日(水)より、サステナブルなスニーカー「SPINGLE MOVE SPM-467」を発売します。

ソールからアッパー、ライニング、シューレースまで、環境配慮素材を採用。生地表面の独特な凹凸感や、鮮やかなラインなど、見た目にもこだわっています。

岡山の織元のデッドストック生地をアップサイクル

アッパーには、廃業した岡山の織元のデッドストック生地をアップサイクル。軽さと日本の織物独特の風合いが特徴だといいます。

この貴重な素材に天然染料による染色を施した後、あえて仕上げ工程を行わないことで、独特な凹凸感をつくりだすことに成功しました。

他にはない見た目や感触は、オリジナリティを大切にしたい人の心も鷲掴みにしそう。アップサイクルから成る生地なら、自信をもって身にまとうことができるのではないでしょうか。

機能性、デザイン性も妥協なし

「すぐにソールが摩耗してしまう…」といった悩みも、植物由来のナノサイズ極細繊維をアウトソールのゴムに練り込むことで解消。従来の「SPINGLE MOVE」のアウトソールと比べ、摩耗性が約40%低減したといいます。

また、ライニング・インソールに使用した「COOL MAXIM」は、防臭・抗菌・防カビ機能があるうえ、吸汗性・拡散性にも優れているのだそう。

アッパーとソールの間に入った、カラーシューレースと同色のラインがスタイリッシュなので、おしゃれ上級者へと一歩近づくこともできるのではないでしょうか。

サステナビリティだけでなく、見た目や機能性にもこだわった最新アイテムを取り入れれば、毎日の足取りもより一層軽やかになりそうです。価格は2万2000円(税込)。詳細についてはプレスリリースをご確認ください。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード