HOMEビジネス 【就活メイク】業界別のメイク・アイテム別の選び方や揃えておきたい道具まで徹底紹介!

【就活メイク】業界別のメイク・アイテム別の選び方や揃えておきたい道具まで徹底紹介!

ism

2021/05/11(最終更新日:2021/05/11)


このエントリーをはてなブックマークに追加

【就活メイク】業界別のメイク・アイテム別の選び方や揃えておきたい道具まで徹底紹介!
「メイクが苦手で、普段からあまりすることがない」「就活用のメイクの仕方を知りたい」という人もいるのではないでしょうか。

本記事では、メイク初心者のために、わかりやすい就活メイクについて詳しくご紹介します。

就活のメイクについて悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

本記事の内容をざっくり説明
  • 業界別の就活時におすすめメイク
  • 就活メイクのために揃えておきたいコスメ
  • 就活の際のメイクに関するよくあるQ&A

 

就活メイクはどうする?メイクしないのはOK?

「就活では、メイクを絶対にしないといけないの?」と思っている人もいるのではないでしょうか。メイクに慣れていない、肌荒れをするなど様々な理由で、メイクを避けたい人も多いでしょう。

就活中には、できるだけメイクをすることをおすすめします。

以下では、なぜ就活においてメイクをすることを推奨するのかについて解説します。

 

就活用のメイクは清潔感と健康的な印象を与えることが目的

「仕事をするにあたって、外見で判断されたくない」といった理由で、メイクをすることに抵抗がある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

就職後、多くの人と関係性を作り、業務を行ううえで、第一印象は重要です。容姿が優れていることは業務を進めるうえで関係はなくとも、清潔感のある印象は大切です。

例えば、血色感がない場合は疲れて見えてしまいがちですが、少しメイクをして色を足してあげるだけで健康的な印象になるでしょう。

実は、人の印象は「3秒」で決まるといわれています。「メラビアンの法則」によると人の印象を決める要素は、視覚情報が55%、言語情報が7%、聴覚情報が38%です。

非言語による影響はとても大きいので、就活時にもメイクをしたり髪型を整えたりすることで、「清潔感」や「健康的な印象」を与え、視覚による第一印象を向上させることがおすすめです。

 

就活メイクのやり方がわからない場合は講座・レッスンを受けるのもおすすめ

「普段メイクをしないから、就活メイクがわからない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

また普段のメイクと就活用のメイクの違いがわからない人もいるでしょう。

1人では就活メイクをできる自信がない人は、就活メイクをするための講座やレッスンを受けることもおすすめです。また、化粧品の選び方がわからない場合は、百貨店やドラッグストアのコスメカウンターで使い方や選び方を教えてもらうことも一案です。

 

【業界別】就活時におすすめメイク

就活時によって好まれるメイクは、業界によって異なります。

希望の業界にあったメイクができるように練習してみてはいかがでしょうか。

 

金融業界や公務員などの堅実さが求められる業界

金融業界や公務員などの堅実さが求められる業界では、「真面目さ」「信頼できる」というイメージを持たれるようなメイクをすることをおすすめします。

例えば、眉をキリッと強めに書いてみることで知的な印象を与えられます。

口紅やチークは明るすぎる色をつけるよりは、自然に見える色を選ぶことで落ち着いた印象を与えられますよ。

 

商社やサービス業など一般的な業界

商社やサービス業など一般的な業界では、清楚な印象を与えられるメイクをすることがおすすめです。

例えば眉をいつもよりも柔らかくふんわりと描いてみたり、マスカラを付けすぎないようにしたりしてみましょう。

眉毛を太く書いたり、マスカラをつけすぎたりすると、眼力が強くなりすぎてしまう可能性があります。

自分の顔と相談して、顔の印象が強い人は引き算をして、顔の印象が薄い人は足し算をして清楚感を引き出しましょう。

 

エアライン・マスコミ・アパレルなど華やかな業界

エアライン・マスコミ・アパレルなど華やかな業界の場合は、華やかな印象を与えられるメイクをすることをおすすめします。

例えば、チークを重ね塗りして立体感を出したり、彩度の高いリップを塗ったりして「明るい」イメージを作り出しましょう。

しかし、カラーコンタクトやつけまつげなどを使うときは、自然に見えるか十分に注意して使うことをおすすめします。

 

就活メイクのために揃えておきたいコスメ

就活のメイクは、業界に合わせてイメージをコントロールする必要があることがわかりました。

では、メイクをするにあたって、どのようなコスメが必要になるのでしょうか。

以下では、就活用のメイクをするためにも揃えておきたいコスメをご紹介します。メイク初心者でもわかるように、一つひとつのアイテムを詳しくご紹介するので安心してくださいね。

 

1.ベースメイク

顔で一番面積を締めているのは「肌」です。

ベースメイクを適当に行っている人もいるかもしれません。しかし、肌荒れをしていると清潔感がないように見られたり、普段の生活習慣が心配になったりしてしまうもの。ベースメイクは、顔の印象を大きく左右するものなので、しっかりと作り込むことが大切です。

ベースメイクをするためには、下地・ファンデーション・コンシーラーが必要になります。

 

下地

下地とは、ニキビ跡や毛穴の開き、くすみなどを隠してくれるものです。また、化粧崩れを防いだりファンデーションがきれいにのるようにしてくれたりする効果もあります。

肌に直接ファンデーションを塗っている人もいるかもしれません。下地を塗らずにファンデーションやアイシャドウを塗ってしまうと、ファンデーションが毛穴の奥に入ってしまう恐れがあります。肌が荒れてしまう原因になりかねないので下地はしっかりと塗ることをおすすめします。

 

ファンデーション

下地を塗った後には、肌の色を均一化して肌をきれいに見せるため「ファンデーション」を利用しましょう。

ファンデーションにはパウダリーファンデーション・リキッドファンデーション・クリームファンデーションなど様々なタイプがあります。それぞれの特性を理解して自分にあったベースメイクをできるようになりましょう。

初心者が扱いやすいのは「パウダーファンデーション」です。パフや筆でさっと塗るだけで簡単に使えることがポイントです。特にオイリー肌な人は、油分が少なく肌がテカってしまうのを防いでくれるパウダーファンデーションがおすすめ。自然な肌質や、マットな肌質になります。

リキッドファンデーションは、カバー力があり、スルスルと伸びてくれるところが特徴です。トレンドのツヤ肌を目指したい人はリキッドファンデーションを試してみましょう。リキッドファンデーションは、乾燥肌・オイリー肌・普通の肌などどんな肌にも合うファンデーションです。

クリームファンデーションは、油分が多いので保温効果があります。また、カバー力が高いことが特徴です。

 

コンシーラー

ファンデーションだけでは、くまや鼻の周りの赤みが消せない人もいるのではないでしょうか。また、しみやほくろなどを隠したい人もいるでしょう。

隠したいところを隠して美肌に見せてくれるのがコンシーラーです。コンシーラーは、ペンシル・スティック・リキッドなどの種類があります。

隠したい箇所の範囲が小さい場合は、ペンシルをおすすめします。スティックタイプのコンシーラーは、しっかりと隠したい物があるときに使うといいでしょう。リキッドのコンシーラーは、簡単に肌に伸ばせるので広範囲をカバーしたいときにおすすめです。

 

ベースメイクをする順番

これらのベースメイクには塗る順番があるので、適当に塗らないように注意しましょう。

スキンケアを行った後日焼け止めを塗り、下地を塗ります。パウダーファンデーションを塗る場合は、コンシーラーを先に塗ってからパウダーファンデーションをつけましょう。リキッドファンデーションを塗る場合は、リキッドファンデーションを塗ってからコンシーラーをつけましょう。順番が変わってくることに注意してください。

「下地・ファンデーション・コンシーラーとか色々ありすぎてわからない」「肌にあまり負担をかけたくない」という人は、下地・ファンデーション・日焼け止めがひとつになった「BBクリーム」がおすすめです。

肌を紫外線や乾燥から守り、色味を均一に整えて清潔感を出すためにも、多少カラーがついたBBクリームを選ぶといいでしょう。

 

2.アイブロウ・眉毛ペンシル

就活メイクで重要な役割を果たすのが「眉」です。

「眉の整え方って難しそう」「眉毛は前髪で隠れるから、適当にしていた」という人もいるのではないでしょうか。

眉毛は人の印象を大きく左右する大事なパーツです。適当に眉メイクをするのではなく、黄金比を考えて眉メイクをするようにしましょう。

眉の整え方を知りたい人は「メイクの失敗第一位は「眉」。「眉毛」の描き方にこだわっていい表情を作ろう!」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

自分だけでは、眉を上手に整える自信がない人や、失敗が心配な人は、眉毛を整えてくれる専門店に行くことをおすすめします。プロの人が黄金比や顔の形を考えた眉を作ってくれるので、今後のメイクも楽になります。

眉メイクをするには、アイブロウペンシル・アイブロウパウダー・眉マスカラなどがあります。

眉毛の形をつくるためには「アイブロウペンシル」。全体的に調節したい場合は「アイブロウパウダー」。色味を調節するためには「眉マスカラ」を使います。

自分の眉毛を理想の眉にするためには、どのように書けばいいのか、またどのアイテムが適しているのかを検討することが重要です。

同じアイテムであっても、色味や使い方によって印象が大きく変わるので、テスターを使ったり、美容部員さんに相談したりしながら、自分の眉に合ったものを探してみましょう。

 

3.アイシャドウ

目元の印象を整えるためには、「アイシャドウ」を利用します。

日々のおしゃれでは、オレンジやピンクなど可愛いカラーを使ったり、ラメやパール入りの華やかなものを利用している人も多いのではないでしょうか。

しかし、就活メイクのアイシャドウは派手すぎないことが大切です。

エアライン・マスコミ・アパレルなど華やかな業界では明るい色を使っても大丈夫ですが、堅実な企業や一般的な企業の場合は「ブラウン」がおすすめです。

パールが入っているものを使う場合は、キラキラになりすぎないように控えめなパールにすることを意識しましょう。

また、アイシャドウをひとつも持っていない人は、「アイシャドウパレット」を買うことをおすすめします。シングルアイシャドウを組み合わせて目元を清楚にする方法もありますが、色の組み合わせにいいのか迷ってしまう可能性があります。

アイシャドウパレットだと、ひとつのパレットに複数の相性のいい色が組み合わさっているので、初心者でも簡単にナチュラルなアイメイクが叶いますよ。

就活時には、目元の印象をくっきりとさせることがポイントです。そのため、目元に陰影を付けるようなイメージでメイクするとGOOD。

アイシャドウの塗り方には、縦にグラデーションを作る方法と横にグラデーションを作る方法などがあります。縦のグラデーションは目が縦に大きくなり、横のグラデーションは目を横に大きくさせる効果があります。自分の目や顔にあったメイクができるように研究してみてはいかがでしょうか。

 

4.アイライナー

目元の印象を整えるには「アイライナー」も重要です。

アイライナーは目の印象を大きく変えてくれる効果があるので、目の形にコンプレックスがある人はアイライナーの練習をすることをおすすめします。

目がツリ目の人は、タレ目になるようにアイライナーを引くと顔が優しげに見えるようになります。逆に目がタレ目の人はツリ目になるようにアイライナーを引くとキリッとした顔になれるでしょう。自分のなりたい印象に合わせてアイライナーを引けるように、練習してみましょう。

就活メイクで避けておきたいアイライナーの引き方は、跳ね上げる方法・目全体を囲む方法・太すぎるアイライナーです。不自然になったり、目の印象が強くなったりしないように気をつけてみましょう。

アイライナーを練習したい人や本番の朝にアイライナーを失敗してしまった人は、「綿棒」を使うことをおすすめします。

綿棒で、失敗したアイライナーの線を優しくこするとアイライナーが落ちてくれます。綿棒にワセリンを付けると肌に負担がかかりにくくなるのでおすすめです。

アイライナーには、カラーアイライナーのように鮮やかな色がありますが、就活メイクで使いたいアイライナーは「ブラック」「ブラウン」のどちらかです。

一重や奥二重で目が眠そうに見えるのがコンプレックスだと思っている人は「ブラック」がおすすめです。ブラックは目の印象を強くしてくれてはっきりした目にしてくれます。

なるべく自然にアイライナーを引きたいと思っている人は「ブラウン」がおすすめです。アイシャドウをブラウンに選んでいる場合、アイライナーが自然に溶け込んで見えます。

アイライナーには、リキッド・ペンシル・ジェル・パウダーなどの種類があります。

使いやすさは、個人差があるので自分が使いやすいタイプのものを探してみることをおすすめします。

パウダーアイライナーは、アイシャドウを付けるように描けられます。しかし、ふんわりとしたラインになるので、アイライナーの印象が控えめになります。アイライナーを引いていることを気づかせたくない人はパウダーがおすすめです。

リキッドアイライナーは、はっきりした目にしたい人におすすめです。しかし、一度失敗してしまうと直しにくいので初心者には難しい可能性があります。理想の目を作るために練習して使ってみてはいかがでしょうか。

ペンシルアイライナーは、鉛筆のような形をしているので比較的描きやすいです。メイクが落ちやすいというデメリットがありますが、ぼかしたり肌を傷つけずにメイクを落としやすかったりするメリットがあります。

ジェルアイライナーは、リキッドよりも描きやすくペンシルよりもはっきりした目を作れます。ぼかす必要がない人には、ジェルアイライナーもおすすめです。

 


5.マスカラ

目元の印象をさらに印象的するためには「マスカラ」も利用しましょう。マスカラは目の印象を強くしてくれるので、意思が強そうなイメージを作ってくれます。

マスカラを塗る際は、ビューラーでまつげをカールさせてから塗ることをおすすめします。

ビューラーはビューラーの角度によって自分の目に合うものが変わってきます。一重や奥二重の人は一重・奥二重用のビューラーを使ってみて、自分にあうビューラーを探してみましょう。

ビューラーであげたカールをキープするためにマスカラ下地を塗ることをおすすめします。

目力を強くしたいあまり、マスカラを何度も塗り重ねると不自然になってしまうので、就活時には数回重ねる程度でOK。また、下まつげにマスカラを塗ると化粧が濃すぎるように見えてしまう可能性があるので注意です。

 


6.リップ(口紅)

血色感を出し、健康的な印象を与えるためには「リップ」が重要です。

リップを選ぶ際に大切なのはリップの色です。明るすぎる色を選んでしまうと、唇だけ浮いてしまったり派手に見えすぎてしまったりする可能性があります。

逆にリップの色が薄すぎると、血色感がない顔になり「元気がないのかな?」「疲れているのかな?」といった印象を与えてしまいかねません。

そのため、リップの色は濃すぎず薄すぎない色を選びましょう。コーラルピンクのような柔らかく血色感を出す色がおすすめですが、顔の印象や与えたいイメージにあわせて選ぶのがGOOD。

また、グロスのようにツヤ感が出すぎてしまうものは就活メイクでは避けておくことをおすすめします。

唇がカサついていると、リップがつきにくかったり、崩れやすくなったりするので、普段からリップクリームを塗るなどのケアをしておきましょう。

 

7.チーク

就活メイクでは、チークはマストアイテムではありません。

チークをつけすぎてしまうと、派手な印象を与えてしまったりスーツと合わなくなったりしてしまいます。チークを付ける際は、つけすぎないように十分注意をしましょう。

一方、チークは、血色感を作れるだけではなく、顔にメリハリを付けることもできます。例えば顔の形が面長な人や顔の余白が目立つ人にはチークがおすすめです。また、顔色が悪く暗い印象がある人もチークを付けることをおすすめします。

チークの色は、オレンジ・ピンク・ブラウンが王道です。チークの色を選ぶ際は、自分の肌の色に合わせて選ぶことを意識しましょう。

 

就活メイクのために化粧品を揃える!おすすめのプチプラブランド

これまで紹介したコスメを揃えるには、費用がかかってしまうもの。「普段メイクをしないから就活用のためだけに準備したい」「できるだけ費用を抑えたい」という人には、プチプラブランドがおすすめです。

人気のプチプラコスメは「CANMAKE」「CEZANNE」「ちふれ」など。ドラックストアでも取り扱いされていることが多いブランドなので、手に入れやすいですよ。

CANMAKE(キャンメイク)」「CEZANNE(セザンヌ)」は、見た目にもかわいく、初心者でも扱いやすい商品が多いです。

ちふれ」は、基礎化粧品は無香料・無着色で安心して使えるところが特徴です。また、落ち着いた色合いの商品が多いので、就活向けのコスメも揃えやすいでしょう。

 

就活メイクをするために揃えておきたい道具

これまで、就活メイクに必要なコスメについて詳しくご紹介しました。化粧をするときに必要なのはコスメだけでなく、道具も必要です。

就活メイクでは、ビューラー・メイクブラシ・綿棒・毛抜き・眉バサミ・カミソリなどを準備しておくことをおすすめします。

ビューラーはまつげを上にあげて目をパッチリさせてくれる効果があります。黒目の真ん中部分を上げたり、目尻部分を上げたりなど、上げる部分によって印象が大きく変わるので、研究することがおすすめです。

チークやアイシャドウを肌にのせるときには「メイクブラシ」を使うことで、色の付けすぎを防げます。

また、メイクを失敗してしまったときやリップラインをきれいに整えたいときに綿棒があると便利です。メイク直しをするためにもポーチに忍ばせることもおすすめです。

カミソリや眉バサミ、毛抜きは、眉を手入れするため使います。

また、顔が暗く見えてしまう人や、メイクのりが悪い場合には産毛を剃ることもあるでしょう。カミソリを使うと肌へのダメージを与えやすいので、電気シェーバーを利用することもおすすめです。

 

就活の際のメイクに関するよくあるQ&A

これまで就活メイクの必需品をご紹介しました。「こんなに色々種類があるの?」とびっくりした人もいるのではないでしょうか。

また、メイクに関する悩みが他にもある人もいるでしょう。

以下では、就活の際のメイクに関するよくあるQ&Aをご紹介します。

 

Q1:就活でノーメイクは絶対にNG?

「メイク難しそうで私には無理だ……」という人もいるのではないでしょうか。「就活でノーメイクは絶対にNGなの?」と思っている人もいるでしょう。

就活では、ほとんどの人がメイクをしています。メイクで血色感や、顔の印象を整えている人と、何もしていない人では第一印象が変わる可能性もあります。

絶対にメイクをしなければいけないわけではありませんが、第一印象を良くしたいと思っている人はメイクをすることをおすすめします。

自分ではメイクをできそうにないのであれば、メイクサロンに行ってメイクをしてもらう方法もあります。その他、眉を整えたり、血色感を出すためのリップを塗ってみたり、できる範囲で清潔感を出せるように挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

Q2:ラメ入りのコスメは使ってもいいの?

「キラキラのコスメが好きで持っているコスメはキラキラのものが多い」という人もいるのではないでしょうか。

ラメが多すぎたり大きすぎるラメを使っていたりすると、派手な印象になってしまいます。

また、スーツの雰囲気にそぐわないので、就活ではなるべくラメは避けることをおすすめします。

ラメを使う際は、ラメの大きさが小さく、控えめなコスメを使いましょう。

 

Q3:一重まぶたでアイライナーが隠れる!アイライナーは絶対に必須?

一重まぶたの場合、アイライナーを書いても目を開けたときに見えなくなってしまうこともあるでしょう。

その場合は、アイライナーを引く必要はありません。

まつげの生え際にアイライナーを引くことが難しい場合は、暗めのアイシャドウでアイライナーのように描いたり、目尻だけアイライナーを引いてみたりするだけでも印象は変えられます。

好印象を与えることを重視して、自分の顔にあったメイクをするといいでしょう。

 

就活で使う証明写真を撮影するときには、メイク付きがおすすめ

証明写真を取るときのメイクで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

証明写真を取る際は、光でメイクが飛んでしまう恐れがあります。そのため、普段どおりのメイクだとのっぺりとした印象になったり、血色感がなく不健康な印象になったりすることも。

証明写真は第一印象を決める大切な項目です。好印象を残すためには、メイク付きの写真館で撮影することがおすすめです。

写真になったときに映えるようにメイクをしてくれるだけでなく、業界ごとに合わせてメイクをしてくれるので安心ですよ。

 

就活用のメイクを練習しておこう

本記事のまとめ
  • 就活では、清潔感と健康的な印象を与えるためにメイクをすることがおすすめ
  • 業界に合わせてメイク方法を変えることを意識す
  • ラメ入りのコスメを使う際は派手になりすぎないように要注意

本記事では、就活用のメイクについて詳しくご紹介しました。

就活では、清潔感や健康的な印象を与えるために、血色感を与えるようなメイクを心がけることが大切です。また、眉毛や目元のメイクで、意志の強さをアピールしたり、柔らかい印象を演出したりなど、与えたいイメージをコントロールできるといいですね。

メイク初心者には、必要なコスメや道具がたくさんあって困惑するかもしれません。すべてを必ずしも使用しないといけないわけではないので、まずは、基本的なコスメを集めて練習してみることをおすすめします。

本記事を参考に自分にあったメイクをして、面接官に好印象を与えられるようになってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード