HOMEメンズファッション 自転車通勤の悩みを解決!作業着スーツの「WWS」×「ABAHOUSE」別注セットアップが新発売

自転車通勤の悩みを解決!作業着スーツの「WWS」×「ABAHOUSE」別注セットアップが新発売

鈴木京

2021/04/15(最終更新日:2021/04/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、電車通勤を避けて、自転車通勤をするようになった人もいるのでは?運動不足解消にもつながる自転車通勤ですが、ストレッチ性のないスーツなどの服装だと、肩や膝周りが動きにくく、自転車が漕ぎにくい…という悩みがあるかもしれません。

作業着スーツ発祥のボーダレスウェアブランド「WWS/ダブリューダブリューエス」を運営する株式会社オアシススタイルウェアは、株式会社アバハウスインターナショナルと提携し、自転車通勤者の需要を反映したコラボモデル「WWS×ABAHOUSE別注セットアップ」を4月17日(土)より発売。「ABAHOUSE」の10店舗と、「ABAHOUSE公式オンラインストア」にて販売する予定です。

自転車通勤者に向けたセットアップは、ストレッチ性・速乾といった機能性をもっており、作業着やオフィスワークウェアから日常着として、季節やシーン問わず着用できる“万能ウェア”。

スーツ着用時の自転車通勤で特に気になる、動きにくい・汗や汚れが気になる・しわになる、といった不満を解決してくれそうです。

第1弾は発売後1カ月でほぼ完売

2020年4月に販売したモデル第1弾が発売後1カ月でほぼ完売するほどの人気だったことを受け、第2弾として企画。

今回発売の別注セットアップには、独自開発の新素材「ultimex/アルティメックス」を採用。ストレッチ性があり、しわになりにくいほか、撥水・速乾などの機能を搭載しています。

洗濯機で丸洗い可能なのでお手入れも簡単。クリーニングに出す手間がないので、毎日のように着られるイージーケアも魅力です。

袖口や裾部分にリフレクター付き!

ジャケットのバックネック・袖口部分、パンツの裾部分を折り返すと、隠れていたリフレクターが表に出てくる仕様になっている点がユニークです。

自転車通勤で、夜間に走行する際に気になる視認性を高める工夫が施されていて、安全面にも配慮されています。

また、ラペルホールやボタンホールには春夏らしさが感じられるような爽やかな白を配色し、パイピングと胸ポケットの裏地にはアウトドア要素を含むカモフラージュ柄を使用するなど、「ABAHOUSE」の基盤であるフレンチモードを反映したデザインなので、オシャレにも抜かりなし。

ジャケットに7個、パンツに5個、計12個のポケット付きで、スマホや鍵などの小物の収納にも困りません。

カラーはブラック・ダークネイビーの2色

価格は、ジャケット1万8700円(税込)、パンツ1万3200円(税込)。サイズはS・M・L・LLの4展開、カラーはブラック・ダークネイビーの2色展開。

オシャレと機能性を兼ね備えた、自転車通勤にぴったりのセットアップ。詳細については、同社プレスリリースをご確認ください。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード