HOMEメンズファッション ミニマリストは見逃さないで!新ブランド「MAROS」より、職人技術から生まれた薄型革財布が登場

ミニマリストは見逃さないで!新ブランド「MAROS」より、職人技術から生まれた薄型革財布が登場

白井恵里子

2021/04/12(最終更新日:2021/04/12)


このエントリーをはてなブックマークに追加

「必要最低限のものを見にまとい、持ち歩き、効率よく生活したい」そんなミニマリストが最近増えているようです。理想の生活を手に入れるため、まずは手持ちの財布から、アップデートしてみてはいかがでしょうか。

MAROSは4月より、日本の職人と共に創る新しいD2Cブランド「MAROS(マロス)」のECサイトを正式リリース。第1弾として、創業100年以上の歴史を持つ紳士革小物専門工房の職人が創る革財布を展開します。

ミニマリストのための革財布

特殊加工された1.0mmの薄い革と独自の技術によって生み出された革財布。「無駄のない洗練されたかたち」を求めるミニマリストの心をぐっと掴むデザインとなっています。

職人の手作業で薄くすいた2枚の革を貼り合わせて1枚の革のように仕上げる技法「ベタ貼り」と、革の断面を布を使って手作業で繰り返し磨く処理加工「コバミガキ」によって実現した、見た目も上質でスタイリッシュなアイテム。スーツのポケットにも難なく収まりそうな薄さが、若手ビジネスパーソンの日常をよりスマートにしてくれそうです。

愛着をもって長く使うことをあたりまえに

MAROSは、日本の職人の技術や魂をより多くの人へ届け、日本のものづくりを未来へと継承するために誕生。「自分に必要なものを必要なだけ」というスタンスへのシフトが加速した現代社会を踏まえ、「愛着をもって長く使うことをあたりまえにしたい」というコンセプトを掲げています。

製品詳細についてはプレスリリースをご確認ください。「今よりもっと薄い財布を探している」「職人の手によって生み出された最新アイテムを試してみたい」という人などは、チェックしてみてはいかがでしょうか。

出典元:MAROS

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード