HOMEメンズファッション サボテンからできた新素材!「カクタスレザー」のスニーカー『BRADLEY CACTUS』新発売

サボテンからできた新素材!「カクタスレザー」のスニーカー『BRADLEY CACTUS』新発売

鈴木京

2021/04/08(最終更新日:2021/04/08)


このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅勤務やリモートワークが増え、オンオフの切り替えが以前より曖昧になりました。生活スタイルの変化に伴い、「プライベート・ビジネスどちらにも使えるファッションアイテムが欲しい」と思っている人もいるのではないでしょうか。

株式会社リーガルコーポレーションは、ロサンゼルス発のスニーカーブランド「CLAE(クレイ)」より、サボテンから生まれた“カクタスレザー”をスニーカーに使用した『BRADLEY CACTUS(ブラッドリーカクタス)』を発売。

サスティナブルな最新素材を使ったスニーカーはきれい目な印象で、感度の高い人や、環境に配慮した製品を使いたい人にとって、オンオフ問わず履けそうなアイテムです。

世界の注目を集める、環境に配慮した新素材

2001年にロサンゼルスで創業した「CLAE」では、スニーカーの快適さとレザーシューズの上質なデザインを融合させたコレクションを、世界約50カ国で販売しています。

近年は環境に配慮したミニマリストブランドとして展開をしており、ブランド創業から20周年を迎える2021年に、今回の新素材を使った「BRADLEY CACTUS」を発売することになりました。

カクタスレザーは、メキシコ発の『Desserto(デザート)』が「革に代わる環境に寄り添う素材を作りたい」という想いのもと開発した新素材。“持続可能な素材の中で最も高品質“との評価を受け、2020年グリーンプロダクトアワードを受賞するなど、注目を集めています。

有毒な化学薬品を一切使用せず、成熟したサボテンの葉を使ってできたカクタスレザーは、しなやかで通気性に優れ、耐久性も兼ね備えています。

シンプルで洗練されたデザイン

そんな革新的なカクタスレザーを、シンプルで洗練されたデザインのスニーカーに仕立てた『BRADLEY CACTUS』。

インソールやライニングにはコットンキャンバスを使用し、100%天然ゴムで作られたアウトソールを搭載。足にも優しい、クッション性に優れたインソールなので、たくさん歩くときにも疲れにくそうです。

また、シューレース部分には、プラスチックごみからリサイクルされたナイロン素材を使用しています。

自生で水分をほとんど必要としないサボテンは、資源が枯渇してしまう心配がないサスティナブルな素材。環境破壊の懸念も少ないため、これからの“持続可能な社会”の実現にもつながりそうです。

ポップアップイベントを開催

今回の新商品発売に合わせ、4月1日(木)より、「エストネーション 六本木ヒルズ店」にてポップアップイベントを開催中。

「BRADLEY CACTUS」(2万900円 ・税込)のほかにも、サスティナブルな素材を使用したスニーカーが集合。実物を実際に見て触って試したい人は、足を運んでみてはいかがでしょうか。詳細については、同社プレスリリースをご確認ください。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード