HOMEビジネス 【女性向け】就活で好印象を与える髪型は?前髪・長さ別のアレンジのポイントを紹介

【女性向け】就活で好印象を与える髪型は?前髪・長さ別のアレンジのポイントを紹介

ism

2021/04/08(最終更新日:2021/04/08)


このエントリーをはてなブックマークに追加

就活時にふさわしい髪型がわからず、悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

本記事では、就活時の女性の髪型で注意したいポイントやおすすめの前髪などを詳しくご紹介します。

髪型を整えることで面接官に好印象を与えたい人はぜひ参考にしてください。

本記事の内容をざっくり説明
  • 就活時の女性の髪型で注意したい7つのポイント
  • 就活時の女性におすすめの前髪
  • 就活で証明写真を撮るときの女性の髪型をセットする3つのポイント

 

就活時の女性の髪型は「清潔感」が命!注意したい7つのポイント

大学生時代は「おしゃれ」を優先していた髪型でも、就活時は「清潔感」を意識する必要があります。

就活を始める時期になると、スーツを用意するように、髪型も就活用にアップデートすることが必要です。

以下では、就活時の女性の髪型で注意したい7つのポイントをご紹介します。ポイントを押さえて清潔感を与えられる髪型になりましょう。

 

ポイント1.派手なヘアアクセサリーは避ける

就活時の女性の髪型で注意したい1つ目のポイントは、派手なヘアアクセサリーは避けることです。

派手なヘアアクセサリーをつけてしまうと悪目立ちしてしまいます。スーツと派手な髪ゴムはマッチせず違和感がある印象になってしまい、面接官によくない印象を与える可能性もあります。

また、前髪を止めるヘアピンも華美ではないものを選びましょう。

社会人になると、TPOにあわせた服装をすることは基本です。就活時にも、目立ちにくいヘアアクセサリーをつけて、スーツとマッチさせることをおすすめします。

 

ポイント2.ナチュラルな黒髪がベター

就活時の女性の髪型で注意したい2つ目のポイントは、ナチュラルな黒髪がおすすめなことです。

就活の際には、派手な髪色は悪い印象を与えてしまうことが多いのが現状です。

黒髪にすることで「清潔感」「真面目」というプラスな印象を与えられるので、なるべく黒髪にすることをおすすめします。

明るい髪色から黒染めをすると不自然になったり重い印象になったりする可能性があります。そのため、黒染めを面接直前にするのではなく前々から行い髪色をなじませましょう

「地毛が茶髪だけど、悪い印象を与えてしまうのかな」と思っている人もいるのではないでしょうか。地毛が明るい人は無理に髪を染める必要はありませんが、どうしても気になる人は黒髪にしてもいいのではないでしょうか。

また、「スプレーで黒髪にして面接の日だけしのごう」と思っている人もいるのではないでしょうか。

スプレーは、ベタついたりパリパリになったりして不自然な印象を与えてしまいます。また、雨の日だとスプレーが落ちる危険性もあるので特別な理由がない場合は、髪を自然な色に染めることをおすすめします。

 

ポイント3.耳・おでこ・眉毛が見えると清潔感UP

就活時の女性の髪型で注意したい3つ目のポイントは、耳・おでこ・眉毛が見せて清潔感を上げることです。

髪で耳やおでこが隠れてしまうと、肌色が見えなくなってしまい重い印象を与えてしまう可能性があります。

どんな髪型でも耳やおでこ、眉毛が見えるようなスタイリングがおすすめです。

眉毛を整えたことがない人や適当に整えていた人もいるのではないでしょうか。ボサボサの眉毛はルーズな印象を与えてしまう恐れがあります。

そのため、眉毛をお手入れすることをおすすめします。

自分で眉毛を整える場合は、黄金比に沿って眉毛をカットしましょう。もっと眉毛の整え方を知りたい人は、「メイクの失敗第一位は「眉」。「眉毛」の描き方にこだわっていい表情を作ろう!」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ポイント4.お辞儀をした後に手で直さないですむ髪型にする

就活時の女性の髪型で注意したい4つ目のポイントは、お辞儀をした後に手で直さないですむ髪型にすることです。

面接時では、何度かお辞儀をするタイミングがあります。

そのたびに髪を手で直していると面接官の気が散ってしまいます。慌ただしい印象を与えてしまう可能性があるので、髪型は手で直さないでいいようにセットしておきましょう。

ヘアピンを使ったりヘアスプレーを使ったりして、落ちてくる髪を止めておくことをおすすめします。

 

ポイント5.長い髪の毛は結ぶのがベター

就活時の女性の髪型で注意したい5つ目のポイントは、長い髪の毛は結ぶことです。

長い髪を結んでいないと、お辞儀したときに髪の毛が乱れ手ぐしで直さなければいけなくなります。

長い髪だとその分直す時間がかかってしまいますし、場合によっては不潔な印象を与えかねないので、髪の毛は結んでおきましょう。

髪の結び方で印象が変わるので、自分にあう髪型を見つけることが大切です。

 

ポイント6.派手なパーマや巻き髪は避ける

就活時の女性の髪型で注意したい6つ目のポイントは、派手なパーマや巻き髪は避けることです。

普段おしゃれのためにパーマをしたりコテで巻いたりしている人もいるのではないでしょうか。

就活では、コテで巻いた髪やくるくるの髪はあまりいい印象を与えません。特に面接官がお年を召した人の場合は「派手な髪型」だと思われてしまう可能性があります。

コテは寝癖を直す程度に使うことをおすすめします。

 

ポイント7.「触覚」や「おくれ毛」はないほうがいい

就活時の女性の髪型で注意したい7つ目のポイントは、「触覚」や「おくれ毛」をつくらないことです。

顔の横に髪の毛を出して、いわゆる「触覚」を作ったり、やおくれ毛で垢抜け感を出したりして、顔を小さく見せている人も多いのではないでしょうか。

しかし残念ながら、就活時では触覚やおくれ毛はだらしない印象を与えてしまう可能性が高いです。

就活では清潔感、そしてフェイスラインを出すことを意識して、触覚やおくれ毛は出ないようにすることがおすすめです。

 

就活時には前髪で印象を操る!女性の前髪はどうするのがいい?

正面から顔を見られる面接時では「前髪」が顔の印象を大きく変えます。

そのため、前髪のセットにこだわることで自分の与えたい印象を作り出しましょう。

以下では、おすすめの女性の前髪をご紹介します。

 

親しみやすさをアピールしたい場合は前髪あり

前髪があると、親しみやすいイメージを抱かせられます。

ただ、ぱっつん前髪の場合は眉が見えず重い印象を与えてしまう可能性があります。

眉が見えるように少しだけ前髪を分けると、明るい印象を与えられるのでおすすめです。

お辞儀をしたときに前髪が崩れないようにヘアスプレーを適量かけて髪を固めておきましょう。

 

知的な印象を与えるならおでこを見せる

「童顔で幼く見えるのが気になる」と思っている人もいるのではないでしょうか。

童顔の人は、おでこを広く見せる髪型にすることをおすすめします。おでこを広く見せると知的な印象を与えられ、童顔を緩和できます。

前髪を生え際から分け、眉を両方見せる髪型だと、顔の表情もはっきり見えるので表情豊かな明るい人であると思われるでしょう。

 

センター分けやオールバックは似合うかどうかを見極めて

センター分けはセットがしやすく、前髪のセットが苦手な人におすすめです。

前髪が長いと後ろの髪とひとまとめでき、お辞儀したときも髪型が崩れる心配はありません。センター分けは仕事ができる社会人のイメージを与えてくれます。

センター分けは、顔のパーツが左右対称の人に似合うといわれています。

また、オールバックは人を選ぶ髪型なので注意することをおすすめします。おでこを全体や両眉が見える髪型なのでパッと見で明るい印象を与えられるでしょう。

しかし、顔の形によっては顔が大きく見えてしまったり、不自然な印象を与えてしまったりします。自分の顔の形と相談して、印象が良く見える髪型を決めましょう

 

女性の髪型の長さ別就活時の印象や、セット方法

「髪切ったほうがいいのかな」「就活用に伸ばしたほうがいいのかな」など髪の長さで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

髪の長さで与える印象は変わるので、自分がなりたい印象を与える髪型にすることをおすすめします。

以下では、女性の髪型の長さ別に就活時の与える印象やセット方法をご紹介します。

 

ショート

ショートカットは、元気で若々しい印象を与えます。顔の小さい人、首が長い人や、パーツのバランスが整っている人は特に似合う髪型です。

一方、ファッション性が高いアシンメトリーのショートカットは就活時では不適切な髪型だと思われてしまうので避けておきましょう。

ショートカットは寝ぐせがつきやすい髪型なので、就活時には寝ぐせがついてないか見えない後ろ髪まで気を配るように注意してください。

 

ボブ

ボブは元気で可愛らしい印象を与えます。丸顔や童顔な人、面長な人に特に似合う髪型です。

ボブは、セットをしっかり行わないと、ボサボサの髪に見えるので就活時には丁寧にセットするように気をつけましょう。

特に、天然パーマの人は、長さの中途半端なボブにすると髪がくるくるになってしまいまとまりがない印象になる可能性が高いので、要注意です。

また、お辞儀をするたびに髪を耳にかけると、忙しない印象を与えてしまいます。耳を出すためにも、ピンを使って髪を固定しておくことをおすすめします。

 

ミディアム

ミディアムヘアは清潔感があり優しい印象を与えます。スタイリング次第で、自分にあった髪型に調節しやすいのが特徴です。

ただし、就活時にはふわふわの髪型や前髪を目にかかるように流すのはふさわしくないので気をつけてください。

髪を結んだり、ハーフアップにしたりすることで耳を見せられるヘアアレンジを行いましょう。

 

ロング

ロングヘアは「清楚」「上品」といった印象を与えます。普段はヘアアレンジを楽しめる髪型ですが、就活時はコテで巻いたり髪を結んだりしないことは避けましょう。

ロングヘアの場合は、髪を1つにまとめてパリッとした印象を作ることをおすすめします。

 

就活で証明写真を撮るときの女性の髪型をセットする3つのポイント

面接時の髪型だけではなく、証明写真を取る際の髪型を悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

以下では、就活で証明写真を撮るときの女性の髪型をセットする3つのポイントをご紹介します。

証明写真を取らなければ行けない人はぜひ参考にしてください。

 

ポイント1.前髪は目が隠れない長さに整える

就活で証明写真を撮るときの女性の髪型をセットする1つ目のポイントは、前髪は目が隠れない長さに整えることです。

前髪が目にかかり、目が見えないと暗い印象や、不気味な印象を与えてしまいます。

前髪は目が見えるようにセットし可能であれば眉を見せると、明るい印象を与える髪型になります。

 

ポイント2.ヘアアレンジはハーフアップが好印象

就活で証明写真を撮るときの女性の髪型をセットする2つ目のポイントは、ヘアアレンジはハーフアップが好印象なことです。

顔が大きい人や輪郭を見せたくない人は髪をひとつにまとめることはおすすめしません。髪をまとめてしまうと、証明写真では顔がさらに大きく見えたり威圧感があるように見えたりします。

ハーフアップにすると、女性らしい優しい雰囲気になりバランスがいい印象を与えてくれます。

 

ポイント3.ヘアピンは見えないようにセットする

就活で証明写真を撮るときの女性の髪型をセットする3つ目のポイントは、ヘアピンは見えないようにセットすることです。

ヘアピンが見えてしまうと幼い印象を与えてしまうので、証明写真を取る際は隠すようにしましょう。

髪の毛の色と同じ色のヘアピンを使うと、ヘアピンが悪目立ちをせず違和感がなくなるでしょう。

もっと履歴書の写真を取る際の注意点を知りたい人は「【履歴書写真マニュアル】履歴書写真の撮り方の正解とは?服装・髪型はどうする?」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

就活時の髪型は第一印象を大きく左右する大切な要素

本記事のまとめ
  • 派手なヘアアクセサリーや巻き髪は避けておく
  • 眉毛や耳、おでこを出し清潔感がある髪型にする
  • 自分の与えたい印象に合わせて髪型を変えてみる

本記事では、就活時の女性の髪型にふさわしい髪型や注意したいポイントをご紹介しました。

髪型を変えるだけで顔の印象は大きく変わります。髪の長さや前髪を工夫することをおすすめします。

本記事を参考に自分に似合う髪型を見つけて就活時に好印象を与えられるようにしてはいかがでしょうか。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード