HOMEメンズファッション ファッションに伝統をプラス!カスタムウォッチ「UNDONE」より、サステナブルなオリジナルベルト2種が登場

ファッションに伝統をプラス!カスタムウォッチ「UNDONE」より、サステナブルなオリジナルベルト2種が登場

長澤まき

2021/03/20(最終更新日:2021/03/20)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションに自分らしさをプラスできる腕時計。時計の盤面はもちろん、ベルトにもこだわりたいと考えているビジネスパーソンも多いのでは?

株式会社UNDONE JAPANのカスタマイズウォッチブランド「UNDONE」は3月18日(木)、サステナブルなオリジナル時計ベルト「真田紐&braidedleather」を発売しました。

株式会社Fullgrainとのコラボ商品。世界的に注目を集めている環境問題への配慮や伝統技術をファッションに取り入れたいと思っている人にぴったりのアイテムです。

「真田紐」を活用したクラシックなベルト

「Sanadahimo fullgrain」は、日本に古くから伝わる伝統工芸品「真田紐」の製造技術を生かした、質の良いMade in JapanのUNDONEオリジナルベルト。

和の技術にミリタリーベルトのデザインを取り入れ、クラシックな色合いと風合いに仕上げました。

戦国武将・真田幸村がつくり始めたと言われている事でも有名な「真田紐」は高い強度を誇り、戦乱の頃の武具や生活紐にも使用されていたとか。

日本国内で職人が1本1本心をこめて製造。通常の真田紐よりも粗めに紡ぐことで、腕へのフィット感に優れた、しなやかかつ強度の高さを実現しました。

糸を製造する際に出た糸くずを集め、特殊な技術で糸に加工したリサイクルコットンを使用。カラーはKhakiとNavyの2色となっています。

フォーマル&環境に配慮した本革ベルト

「Braided Leather fullgrain」は、環境に配慮した水溶性の染料を使用した、アメリカンクラシックな風合いのシンプルでフォーマルな時計ベルト。

編み目の穴に金具を通して使用するタイプなので、腕の太さに関係なく、ジャストフィットサイズで身に付けることができます。

カラーはKhaki・Navy・Beige・Blackの4色展開です。

リリース記念に「ホワイトダイアル」新登場

真田紐リリースを記念し、新たにクラシックでシンプルデザインのホワイトダイアル「Urban Type20」が新登場。

文字は夜光塗料で、暗い部屋でも柔らかく光るため、視認性抜群。就活や仕事などさまざまなシーンで、服を選ばず着用できるそうです。

詳細は同社プレスリリースで見ることができます。

ベルトの組み合わせを変えて、仕事と休日など、シーンに合わせて使い分けてみるのも楽しそう。落ち着いた雰囲気とオシャレさを併せ持つサステナブルなベルトを、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

出典元:UNDONE/fullgrain×UNDONE

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード