HOMEメンズファッション 整理整頓が苦手な人へ…ガバッと開いて中が見やすい、時短リュック「KABAGbox」が登場

整理整頓が苦手な人へ…ガバッと開いて中が見やすい、時短リュック「KABAGbox」が登場

鈴木京

2021/03/04(最終更新日:2021/03/04)


このエントリーをはてなブックマークに追加

整理整頓があまり得意でない人の中には、「カバンにとりあえず必要そうなものを突っ込んでおく」「いざ探そうとすると見つからず、カバン内を引っ搔き回している」なんて人もいるかもしれません。

株式会社エルグランは3月2日(火)より、Makuakeにて、時短リュック「KABAGbox(カバッグボックス)」の販売をスタート。

中がきっちり区分けされている収納ボックス型のリュックなので、整理整頓が苦手な人でも、必要なものをスマートに収納し、サッと取り出せそうです。

探し物にかけるムダ時間

こんなことはないでしょうか? いざ、仕事に取りかかろうと思ったのに、必要な書類や文具、ファイルがどこに行ったか見つからない。

特に、フットワーク軽く移動したり、作業したりしたいリモートワークの際には、必要な持ち物一式をまとめて、必要時にスムーズに取り出して使いたいもの。探し物をしている時間はまさにムダな時間であり、そんなムダ時間を減らすことは、効率化につながるはずです。

観音開きに大きく開くデザイン

「KABAGbox」は、ガバッと観音開きに大きく開く斬新なデザイン。内部は、リュックの中のモノをすぐに見つけられる中がきっちり区分けされている収納ボックス型になっています。

仕分けしやすいよう、内側がたくさんの小部屋のようにわかれていて、書類や文具、イヤホンやカギ、スマホなどを区分して入れておけます。

パソコンやA4ファイルを入れるスペースも

バッグの背中側には、パソコン(16インチまで)を収納できるスペース、A4ファイルやタブレットなどがすっぽり入るメインスペースも用意。

荷物がバッグの中で散乱しにくく、小物をたくさん入れてもすっきり収納可能です。

また、立体的な収納構造になっているので、バッグのスペースをバランスよく活用することで、バッグの中で起きる荷物の偏りも抑えられるといいます。

整理整頓力を高め、探しものをする無駄な時間をなくし、自分のやりたいことに集中する時間を増やせる時短リュック。「バッグの中に入れたはずのイヤホンやカギ、ケータイをどこに入れたか忘れてしまった」なんてことが多い人は、導入を考えてみては。

詳細については、同社プレスリリースをご確認ください。

参考:「KABAGbox」ブログ

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード