HOMEメンズファッション 「財布どこだっけ?」はもう古い!紛失防止タグ搭載のスマート財布『Non Peredere』先行販売中

「財布どこだっけ?」はもう古い!紛失防止タグ搭載のスマート財布『Non Peredere』先行販売中

さえきそうすけ

2021/01/28(最終更新日:2021/01/28)


このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの影響で非接触な生活が推奨され、キャッシュレス決済も急速に進む昨今、おしゃれで安心な「キャッシュレス時代の財布」が登場した。

株式会社Design Equalは、紛失防止タグを搭載したIoTスマート財布「Non Peredere(ノンペレデレ) 」の先行受付を開始している。

「IoTテクノロジーでもう財布はなくさない」と謳い、万一失くしてもアプリで見つけられるという財布だ。

IoTテクノロジーでもう失くさない「キャッシュレス時代の財布」

Non Peredereは、小型で使いやすいキャッシュレス時代のスマート財布。

「MAMORIOアプリ」で利用可能な紛失防止タグを標準搭載しており、カード6~8枚・硬貨20枚・紙幣20枚が収納可能だ。大容量でありながらコンパクトな設計になっているとか。

財布の内部にMAMORIO専用ポケットがあるため、タグだけがどこかにいってしまう心配もないとしている。

財布が手元から離れると「財布は手元にありますか?」とスマートフォンに通知が来るうえに、万が一置き忘れても、いつどこでなくしたかアプリで調べることができるという。

デザインとテクノロジーを融合

デザインとテクノロジーを組み合わせ、「財布を失くして悲しい思いをする人がいなくなるように」という思いを込めて開発したという同製品。

革は伊マストロット社の本革を使用し、日本の匠に縫製を依頼したハイブランド仕様のスマート財布だ。カラーはブラック・チョコレート・アヴィオ・チェネレ・アマラントの5色展開。傷や汚れのつきにくいシュリンク加工を施し、肌に吸い付くようなしっとりとした触り心地が魅力的だという。

同製品はクラウドファンディングCAMPFIREにて1万1000円から、2月28日(日)まで先行受注を受け付けている。

その他詳細についてはプレスリリースで確認できる。

出典元:CAMPFIRE/

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード