HOMEイベント アイデア創出をコーディネートする力を身に付ける!全6回のオンライン講座、2月1日よりスタート

アイデア創出をコーディネートする力を身に付ける!全6回のオンライン講座、2月1日よりスタート

長澤まき

2021/01/09(最終更新日:2021/01/09)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ画像:Adobe Stock

画期的なイノベーションを生み出すためには、自分だけでなく、多様な立場にいる人々の知見を総動員することが重要となる場合もある。しかし、どのようにしてさまざまな人々のアイデアを引き出し、ブラッシュアップしていけばいいのだろうか。

エイチタス株式会社の共創型スタートアップ支援施設Kochi Startup BASEは、「アイデア創出ファシリテーター養成講座」を2月1日(月)より、6回連続講座で開催する。

アイデア創出ワークショップの実施にかかる基礎的な知識とスキルについて、設計の思想とファシリテーションのポイントについて学ぶとともに、現場で活用できるワークプログラムを体験する。

アイデア創出ファシリテーターを養成

講師を務めるのは、アイデアソンのファシリテーターとして活動する原亮代表取締役。

「アイデアソン」とは、「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語で、ジャンルを問わず様々な世代、年代、性別、職種で行うことにより、幅広いアイデアを生み出す手法のこと。

原代表は、国内最大級のアイデアソン実績を持ち、地域の課題解決から企業の商品企画まで、アイデア創発を通じて幅広くサポート。総務省 地域情報化アドバイザー・中小企業基盤整備機構 人材支援アドバイザーなど、10を超える要職に在任している。

テキストとして、原代表の共著「アイデアソン!アイデアを実現する最強の方法」をテキストとして使用する。

【プログラム(予定)】
・第1回 アイデアソンの活用方法/ファシリテーターの役割
・第2回 テーマ設定と問いの描き方
・第3回 アイデア創発のテクニック
・第4回 アイデアブラッシュアップのツボ
・第5回 アイデアソン設計の技法1
・第6回 アイデアソン設計の技法2

月曜の夜開催、全6回

全6回、いずれも月曜の夜に開催する。

参加対象は、地域おこし協力隊やNPO職員など、地域課題を抱える人や地域課題についてアプローチをしている人。それ以外の職種でも問題ないそうだ。

将来的に地方で起業して地域の課題解決に貢献したいと考えている人などは、同講座を通して、アイデアを引き出すファシリテーション技術を身に付けてみてはいかがだろうか。

【アイデア創出ファシリテーター養成講座】
・開催日時:2月1日・8日・15日・22日、3月1日・8日(全て月曜、19:30~21:30)
・実施方法:オンライン(Zoom使用)※高知県内の受講者についてはオフライン受講も可能
・参加費:1万2000円(税別)※テキスト別途用意
※詳細は同社プレスリリースを参照

出典元:アイデア創出ファシリテーター養成講座
出典元:徳間書店/アイデアソン!アイデアを実現する最強の方法

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード