HOMEメンズファッション ビジネスシーンでも、自分らしさをさりげなく演出!職人がひとつひとつ研磨した「ジュラルミン名刺ケース」登場

ビジネスシーンでも、自分らしさをさりげなく演出!職人がひとつひとつ研磨した「ジュラルミン名刺ケース」登場

長澤まき

2021/01/07(最終更新日:2021/01/07)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスシーンにも、さりげなく自分らしさを演出できる小物を取り入れたい、と思っているビジネスパーソンは少なくないのではないだろうか。

研磨技術に突出した実力を持つ株式会社美光技研は1月6日(水)、Made in JAPANの職人技術を結集した「ジュラルミン名刺ケース」をリリースした。

航空・宇宙分野で採用されるアルミ素材「A2017」を職人がひとつひとつ削り出した、世界でひとつだけの名刺ケースだ。

奥行きと高級感が特徴

熟練した技術でしか出せない、複雑で奥行きのある輝きが特徴。ジュラルミン無垢素材の塊から、高精度マシニングセンターによって一点一点削り出した。

表面には、母材とは違う輝度の高い純アルミに10ミクロンの細かさでデザイン研磨を施した板をはめ込み、軽量・高剛性・光沢感・デザイン性と、アルミ本来のポテンシャルを最大限に活用。

複数の研磨方法を重ねることで、光の当たり方によってカタチを変える輝きは、研磨加工技術に特化して発展してきた同社だけの匠の技だという。

使い勝手にもこだわり

独自の研磨技術で磨き上げた金属の輝きが、高級感とともに落ち着いた印象を与えるので、ビジネスシーンで名刺交換が多い人はもちろん、腕時計と同様に自分らしさをさりげなく演出したい人にもおすすめ。

名刺入れの内部には、滑り台のように3次元加工が施されているので、滑らかに名刺を取り出すことができる。また、もらった名刺を一番下に滑らかに挿入できるように溝を加工しているという。

さらに、心地よい開閉感を得られるように、内部にスプリングと銅球を使用したラッチ機構を採用。カチッと閉まり、収納している名刺が飛び出す心配もないそうだ。

通販サイトMIHIKARI(ミヒカリ)等で購入することができる。

詳細は同社プレスリリースを参照。職人の技術が詰まったスタイリッシュな名刺入れで、ビジネスファッションに自分らしさを加えてみてはいかがだろうか。

出典元:MIHIKARI/ジュラルミン名刺ケース

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード